5.31 ヘイト街宣監視行動 in 十条

本日となる5月31日(日)に、十条の朝鮮学校で開かれる「総聯結成60周年在日同胞大祝祭」の参加者を対象に、「拉致被害者奪還」を名目とした街宣が行われます。

この街宣の呼び掛け文には「朝鮮学校生徒並びに父兄に対し」てともあり、「拉致問題の解決」を訴える場所も対象も中身(事実誤認・差別排外的)も方向性(戦争煽動)も誤っていると言わざるをえません。

昨年も同様の街宣が、JR十条駅前と朝鮮学校から少し離れた場所の2箇所で行われています。朝の9時頃からJR十条駅前、その後は朝鮮学校付近と交互に計4回、それぞれ40分~50分近くの街宣を行なっています。最初にJR十条駅前から朝鮮学校付近に移動する際には、目的地まで歩きながら街宣を行なっています。
特に朝鮮学校から少し離れた場所では、差別・排外的なヘイト・スピーチと言える街宣が行われています。

当日は、この街宣への監視を中心とした行動を行います。
監視行動は、祭の参加者や地域住民などへの配慮を最優先します。

差別・排外主義に反対する連絡会(http://noracismnodiscrimination.blogspot.jp/)とも話し合いながら対応していきます。

一連の行動は、平和的に人権を尊重しつつ行います。

ご都合のつく方はぜひご協力ください。

【日時】
5月31日(日)、9時頃~

【場所】
JR十条駅前、朝鮮学校の付近(街宣が行われる場所の付近)

【行動内容】
監視が中心となります。

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。
【twitter】 https://twitter.com/a_r_project

【プラカード&フライヤー(街頭行動)】
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

【注意事項】
・街宣及び、街宣参加者や警察とは適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

【参考】
■今回の差別・排外的な街宣の呼び掛け
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=763

広告