2.19 差別扇動デモ監視アクション in 浅草

2017年2月19日(日)に、浅草の花川戸公園(台東区花川戸2-4-15)へ15時に集合し、15時30分に出発するヘイトスピーチ(差別扇動)を伴うと予想されるデモへの監視や記録、周知を中心としたアクションを行います。

平和的&人権に配慮して行います。

 デモの主催は「在特会(略称)」で、2009年に京都朝鮮学校襲撃事件を起こし、刑事裁判で有罪判決、民事裁判では「人種差別」とされて1200万円近くの賠償を命じられています。そしてこれまで数多くのヘイトスピーチ・デモなどを行ってきました。

 今回は「竹島奪還」「日韓断交」をテーマにしていますが、昨年2月に行われた同様のデモと、今年1月8日に行われた「在特会」主催の直近のデモでは、ヘイトスピーチが行われています。この点から、今回のデモにおいても、同様にヘイトスピーチが行われるのではと考えています。

 ※同趣旨のデモや街宣は、名古屋・大阪・仙台でも行われる予定です。

 【参考】

「ヘイトスピーチ、在特会の損賠責任認める 最高裁」 日本経済新聞 2014年12月11日
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO80765640Q4A211C1CR8000/

[記録]2016年2月21日、新宿での「竹島奪還」を名目としたヘイトスピーチ・デモ(日韓断交共闘委員会帝都)
https://antiracismproject.wordpress.com/2017/02/18/160221/

[記録]2017年1月8日、東京(東京駅~銀座~日比谷公園)でのヘイトスピーチ(差別扇動)・デモ(在特会)
https://antiracismproject.wordpress.com/2017/02/19/170108/

 このヘイトスピーチが行われると予想されるデモの監視や記録、周知等を中心としたアクションを行います。
 ご都合のつく方はぜひご協力ください。

※平和的&人権に配慮して行います。

【日時】
2017年2月19日(日) 15時~

【場所】
花川戸公園(台東区花川戸2-4-15)
(最寄り:東武線/都営浅草線/東京メトロ銀座線/つくばエクスプレス・浅草駅)

デモは、15時集合・15時30分に出発予定。

【行動内容】
・監視&記録
・プラカード
・フライヤー&ミニバッジの配布
・周知アナウンス

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】  https://twitter.com/a_r_project

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

【プラカード&フライヤー(街頭行動)】
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

ご協力頂ける方も募集しています。
お気軽に声を掛けてください。
どうぞよろしくお願いします。

【注意】
・ヘイトデモや街宣の参加者、及び警察とは適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

【参考】
■今回のヘイトスピーチを伴うデモ告知
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1165



[記録]2017年1月8日、東京(東京駅~銀座~日比谷公園)でのヘイトスピーチ(差別扇動)・デモ(在特会)

 2017年1月8日(日)に、「在特会(略称)」が主催した、ヘイトスピーチ・デモの記録になります。デモは、東京駅付近の常盤公園を出発地として、銀座を通過し日比谷公園まで行われました。

 このデモは「在日特権の廃止」を掲げて行われていますが、「在日特権」なるものは差別デマであり存在しません。各行政機関も明確に否定をしています。

『クローズアップ現代 ヘイトスピーチを問う ~戦後70年 いま何が~』 NHK 2015年1月13日(火)放送
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3598_all.html

「団体が特権だと主張している特別永住権について、法務省は歴史的経緯などを考慮して、認められた在留資格で、特権ではないとしています。
また生活保護の優遇について、厚生労働省は、国籍を問わず、同じ判断基準で支給をするかどうか決めていて、優遇の事実はないとしています。」

『貧困と生活保護(45) 在日外国人は保護を受けやすいという「デマ」』 読売新聞 2016年12月22日
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161221-OYTET50036/

「デマ、あるいは妄想としか言うほかありません。日本人でも外国人でも、生活保護を受ける要件や給付の基準は同じで、特別扱いなど、ありません。」

「この判決の後、外国人への生活保護は憲法違反だからやめろと主張している人たちがいます。判決について誤解を招くような報道があったことも一因ですが、判決の内容を全く取り違えた主張です。最高裁は外国人の保護を否定したわけではなく、通知に基づく行政措置によって事実上の保護の対象となりうることは認めています。」

「特別永住資格」を「特権」というウソ -「在日特権」というデマ
https://antiracismproject.wordpress.com/dema-sp/

 このような差別やヘイトスピーチは決して許される行為ではありません。

法務省 「ヘイトスピーチに焦点を当てた啓発活動」
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00108.html

「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」について
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000339043.html

【閲覧注意】

[記録対象]
「在日特権を廃止せよ!国民大行進【東京支部】」
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1144
日時:2017年1月8日(日) 15:00集合 15:30分出発
場所:常盤公園(中央区日本橋本石町4-4-3)
主催:在日特権を許さない市民の会東京支部

―――――

【閲覧注意】

【プラカード・幟】

【アナウンス&コールほか】

「特別永住資格という主に在日韓国・朝鮮人を対象とされた、おかしな特権が存在しています。普通の外国人は犯罪を働いたら強制退去などの措置が取られますが、この特別永住資格者は、どんな重犯罪を働いても、強制退去処分になった例は一度もありません。これこそが特権であり、特別永住資格を与えているこの入管特例法が廃止されれば、在特会はすぐにでも解散いたします。すべての外国人が平等に扱われる平等な社会を実現するために私たちに力を貸してください。」

「入管特例法を即刻廃止せよー。」

「在日韓国・朝鮮人が優遇される日本社会はおかしいぞー」

「朝銀に資金提供した日本政府は恥を知れー」

「他の外国人を差別する特別永住資格を今すぐなくせー」

「日本に仇なす犯罪外国人は日本から立ち去れー」

「日本の血税にたかる在日朝鮮人は恥を知れー」

「テロリスト養成機関、朝鮮学校への補助金支給断固反対ー」

「朝鮮総聯は日本国民の血税、一兆四千億円を今すぐ返せー」

「しばき隊は入管特例法の廃止を有田芳生に進言しろー」

「日本人の良心につけ込む在日朝鮮人には二度と騙されないぞー」

「在日特権をつくりあげた自民党を許さないぞー」

「差別の温床、在日特権を今すぐなくせー」

「国内の在日韓国・朝鮮人の(?)は、本名を名乗らず、通名で生活している事がほとんどです。彼らはこの制度を悪用し、脱税やマネーロンダリングなどの犯罪行為を行ってきました。しかも朝日新聞などの反日新聞は、犯罪を働いた在日韓国人を本名ではなく通名で報道するのが常となっており、在日の犯罪行為の手助けをしてしまっている実態があります。その他にも様々な在日特権がありますが、政治家も行政も在日からの報復を恐れて、この問題に着手しようとはしません。ならば私たち一般市民が立ち上がり、在日特権を廃止に追い込んでいかなければならないのです。」

「犯罪の温床である通名制度を今すぐなくせー」

「マスコミは通名報道をやめろー」

「在日をかばうマスコミを許さないぞ」

「犯罪外国人は今すぐ祖国に帰れ」(帰れー)

(警察の先導車からのヘイトスピーチ解消法に基づくアナウンスに対して)
「韓国人、朝鮮人は日本人への差別的言動をやめろー」
「韓国人、朝鮮人さえいなければ、平和な社会が実現されるのです。」
「あなたが気をつけてください。」

「被害者面ばかりする在日外国人は恥を知れ」

「在日特権に手を(?)晒す政治家を許さないぞー」

「地方自治体は朝鮮学校への補助金を今すぐなくせ」

「朝鮮学校への補助金支給をすべて廃止しろー」

「朝鮮総聯の固定資産税を免税している自治体は恥を知れー」

「日本の血税にたかる朝鮮人は脱日せよ」

「警察は在日朝鮮人の通名悪用を取り締まれー」

「民族差別の温床、在日特権を今すぐ廃止せよー」

「法律に基いて在日特権を廃止しろー」

「法律に基いて入管特例法を廃止せよー」

「私たちは平和と平等を愛する日本人によるデモ隊です。」
「現在の日本では年金を一円も納めていない外国人が、月1万円を受け取れる福祉給付金制度という(?)が与えられています。他にも外国人の生活保護受給額は年々増え続けており、財政を圧迫し続けており、本来受給されるべき日本人が生活保護を受給できない事態になっているのです。生活保護が貰えず餓死している日本人がいるのに、外国人に支給されている現状は、日本人に対する差別以外のなにものでもありません。ここは日本です。日本のための政治であり外国人のための政治ではありません。外国人を優遇する制度は一刻も早く廃止すべきなのです。いま妨害勢力が、本邦外出身者に対する不当な差別と言っておりますが、不当な差別と言っておりますが、これらは別に差別ではありません。」

「福祉給付金制度はいらないぞー」

「(?)日本人差別を許さないぞー」

「外国人に対する生活保護を即刻廃止しろー」

「生活保護は日本人だけに限定しろー」

「日本の血税にたかる外国人は祖国に帰れー」

「ここは日本だ、日本人が優遇されて当たり前だー」

「福祉ビジネスにたかる日本共産党と創価学会、公明党を許さないぞー」

「生活保護を票結びに利用する政治家は恥を知れー」

「生活保護がなければ日本に滞在できない外国人は祖国に帰れー」

「在日特権に目をそらす政治家を許さないぞー」

「在日朝鮮人は被害者面をして日本人を騙すのをやめろー」

「日本人を優先しない自治体を許さないぞー」

「在日を優遇する福祉給付金を今すぐ廃止しろー」

「在日特権を許さないぞー」

【デモ中・拡声器使用】

[梅乃結・在特会]
「だから朝鮮人は、在日は嫌われるんだ。嫌われる原因は全部おまえらだ。おまえらのせいで在日は嫌われるんだ、バカ。」
「だから乞食って言われるんだよ。この乞食。やりたかったら、てめえらで許可取れ。」
「おまえらのせいでな、在日朝鮮人が嫌われて。腹切って在日朝鮮人に謝れ。」

[道添隆寛・在特会]
「朝鮮人を許さないぞー」
「朝鮮人は日本人差別をやめろー」
「レイシスト朝鮮人は祖国へ帰れー」
「朝鮮人は差別をやめろ」
「大体なにがヘイトスピーチなの。」
「ヘイトやめろ。ヘイトやめろそれしか言えないの?そりゃそうだよね、あんた日本人じゃないもんね。通名で生活して…(?)。」

【デモ後・主催マイクで】

[道添隆寛・在特会]
「先日、韓国の釜山で慰安婦像が設置されましたけど、あれこそが日本に対する差別じゃないのかよ。誰よりもね、日本人を差別してるのはね、おまえら朝鮮人の方じゃねえかよ。朝鮮人どもが民族差別を行ってる連中ですよ。」
「朝鮮人を許さないぞー。」

[桜田修成・新社会運動]
「在日特権の甘い汁を何で吸い続けてるんだよ。そんなに金が欲しかったら、幸せになりたかったら、愛する祖国、韓国へ帰れよ。我々は、おまえら疫病神のせいで不幸になってるんだよ、日本人は。」
「国籍を持たない、税金も払わない。なんでそんな朝鮮人が生活保護を受給し、国民年金を受給しているのか。多くの日本人が不思議で不思議でたまらない。我々日本人は当たり前の事を言ってるだけなんですよ、本当の事を言ってる。そんなに生活保護がほしかったら、国民年金ほしかったら、韓国でも北朝鮮でも帰ってそして愛する祖国で思う存分、自由と権利を享受してちょうだい。」
「日韓断交を実現するぞー」

1.8 差別扇動デモ監視アクション in 東京

 2017年1月8日(日)に、日本橋の常盤公園(中央区日本橋本石町4-4-3)へ15時に集合し、15時30分に出発するヘイトスピーチ(差別扇動)を伴うデモへの監視や記録、周知を中心としたアクションを行います。

平和的&人権に配慮して行います。

 デモの主催は「在特会(略称)」で、2009年に京都朝鮮学校襲撃事件を起こし、刑事裁判で有罪判決、民事裁判では「人種差別」とされて1200万円近くの賠償を命じられています。そしてこれまで数多くのヘイトスピーチ・デモなどを行ってきました。

 今回は「在日特権廃止」を掲げたデモが予定されていますが、「在日特権」なるものは明白な差別デマであり、特権なるものは存在しません。法務省も厚労省も否定しています。

 【参考】
「ヘイトスピーチ、在特会の損賠責任認める 最高裁」 日本経済新聞 2014年12月11日
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO80765640Q4A211C1CR8000/

『クローズアップ現代 ヘイトスピーチを問う ~戦後70年 いま何が~』 NHK 2015年1月13日(火)放送
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3598_all.html

『在特会の言う「在日特権」あるの? 記者がお答えします』 朝日新聞 2014年11月18日
http://www.asahi.com/articles/ASGCF7JC1GCFPTIL02M.html

貧困と生活保護(45) 在日外国人は保護を受けやすいという「デマ」 読売新聞 2016年12月22日
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161221-OYTET50036/

在日特権・通名に関するデマ
https://www54.atwiki.jp/n_dema/pages/8.html

「特別永住資格」を「特権」というウソ -「在日特権」というデマ
https://antiracismproject.wordpress.com/dema-sp/

 在日コリアン(朝鮮人)に対する差別デマを街頭で扇動する、文字通りのヘイトスピーチ・デモが行われます。

 このヘイトスピーチ・デモの監視や記録、周知等を中心としたアクションを行います。
 ご都合のつく方はぜひご協力ください。

※平和的&人権に配慮して行います。

【日時】
2017年1月8日(日) 15時~

【場所】
常盤公園(中央区日本橋本石町4-4-3)
(新日本橋駅/神田駅/三越前駅/大手町駅)

デモは常盤公園に、15時集合・15時30分に出発予定。

【行動内容】
・監視&記録
・プラカード
・フライヤー&ミニバッジの配布
・周知アナウンス

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】  https://twitter.com/a_r_project

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

【プラカード&フライヤー(街頭行動)】
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

ご協力頂ける方も募集しています。
お気軽に声を掛けてください。
どうぞよろしくお願いします。

【注意】
・ヘイトデモや街宣の参加者、及び警察とは適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

【参考】
■今回のヘイトスピーチを伴うデモ告知
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1144




10.1 差別扇動デモ監視アクション in 銀座

2016年10月1日(土)に、銀座の水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)へ14時に集合する、ヘイトスピーチ(差別扇動)を伴うと予想されるデモへの監視や記録、周知を中心としたアクションを行います。

平和的&人権に配慮して行います。

【予想デモルート・数寄屋橋方面(外堀通り)ver.】(築地方面(昭和通り)ver.もあります)

【予想デモルート・築地方面(昭和通り)ver.】(数寄屋橋方面(外堀通り)ver.もあります)

この銀座で行われるデモの主題は、「テロ等組織犯罪準備罪は当たり前、スパイ防止法の制定を!」となっていますが、告知には「民団・総連等の反社会組織」「外患誘致罪の適用を」「パヨク=テロリストへの処刑を推進するためのデモ行進」など、常軌を逸した妄想を書き連ねています。

今回のデモは「在特会」が主催し、「拉致被害者奪還国民大行進実行委員会」と「日本再生大和会」が協賛しています。

このヘイトスピーチを伴うと予想されるデモの監視や記録、周知等を中心としたアクションを行います。
ご都合のつく方はぜひご協力ください。

平和的&人権に配慮して行います。

【日時】
2016年10月1日(土) 14時~

【場所】
水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)

デモは、水谷橋公園に、14時集合予定。

【注意1】
天気予報は「くもり時々雨」となっています。
危ないので走らないことと、歩道を通行している方と接触しないよう、十分注意して行動するようにしてください。よろしくお願いします。

【行動内容】
・監視&記録
・プラカード
・フライヤー&ミニバッジの配布
・周知アナウンス

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】  https://twitter.com/a_r_project

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

【プラカード&フライヤー(街頭行動)】
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

ご協力頂ける方も募集しています。
お気軽に声を掛けてください。
どうぞよろしくお願いします。

【注意2】
・ヘイトデモや街宣の参加者、及び警察とは適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

【参考】
■今回のヘイトスピーチを伴うと思われるデモ告知
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1074



5.3 ヘイトデモ反対アクション 銀座 ▶ 築地

5月3日(火・休)、銀座の水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)に16時集合、16時30分に出発し、築地にある朝日新聞社ヘと向かう、襲撃事件を起こして死傷者を出した赤報隊を賛美する、ヘイトスピーチ(差別扇動)デモへのカウンターアクションを行います。

【注意】

ヘイトデモの目標である築地の朝日新聞社近くに、右翼街宣車がたむろしている場合があるので(車から降りてきて、こちらに向かってくる可能性も)、デモに抗議される方は充分ご注意ください。

活動は、平和的に人権に配慮して行います。

今回のデモは、朝日新聞社などを襲撃し、死傷者を出している赤報隊の「意思を継げ!」として、「朝日新聞糾弾」を掲げています。
そして「赤報隊声明集」として、1990年5月17日に起きた、赤報隊による「愛知韓国人会館放火事件」の犯行声明も載せていますが、その中では、はっきりと民族浄化の予告がされています。
デモの告知では、「反日在日売日朝日新聞を撲滅廃刊せよ!」とも書いています。

このようなヘイトスピーチ・デモに反対する街頭行動を行います。
ご都合のつく方はぜひご協力ください。

活動は、平和的に人権に配慮して行います。

【日時】
5月3日(火・休) 16時15分頃~

【開始場所】
新京橋交差点(最寄り駅:都営浅草線・宝町駅)

ヘイトスピーチ・デモは、水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)に16時集合、16時30分に出発予定。

【行動内容】
・プラカード掲示
・周知フライヤー&ミニバッジの配布
・周知型コール
・ヘイトの記録

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】 https://twitter.com/a_r_project

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

【プラカード&フライヤー(街頭行動)】
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

ご協力頂ける方も募集しています。
お気軽に声を掛けてください。
どうぞよろしくお願いします。

【注意事項】
・ヘイトデモや街宣の参加者、及び警察とは適切な距離を取り、無理をせず安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

【参考】 閲覧注意
■今回のヘイトデモの呼び掛け
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=998


3.27 ヘイトデモ反対アクション in 新宿

 3月27日(日)に行われる予定の、2つのヘイトスピーチ(差別扇動)デモに反対するアクションを行います。
 
[Part1]
3月27日(日)/13時15分頃~/新宿一丁目北交差点(最寄り・新宿御苑前駅/新宿三丁目駅)
※ヘイトデモは花園西公園(新宿1-32)を13時30分出発

[Part2]
3月27日(日)/14時15分頃~/柏木公園近くの交差点(最寄り・新宿駅)
※ヘイトデモは柏木公園(西新宿7-14)を14時30分出発
 
 平和的に人権に配慮して行います。

 1つ目のヘイトデモは、花園西公園(新宿1-32)を13時30分に出発する、「行動する保守運動」主催の「難民受け入れ絶対反対」を謳ったものです。昨年11月にさいたま市で同様のデモを行っていますが、デモ前の集会発言、プラカード、コールにおいて、ヘイトスピーチが行われていました。

  主催の「行動する保守運動」の実体は「在特会」です。「在特会」の前会長が率い、「在特会」の各支部メンバーが中心となり動いています。「在特会」は、2009年に京都朝鮮学校襲撃事件を起こし、刑事裁判で有罪判決、民事裁判では「人種差別」とされて1200万円近くの賠償を命じられています。

 昨年末には「在特会」の前会長が、法務省から朝鮮大学校前でのヘイトスピーチを伴う脅迫行為が違法との認識を持つよう反省を促され、今後同様の行為を行わないよう勧告されました。しかし、その法務省からの通達を破り捨て「何らとして変わりがありません」と、反省の色が全くありません。

ヘイトスピーチ、人権侵害と認定 法務省、在特会前会長に勧告
朝日新聞 2015年12月23日
http://www.asahi.com/articles/DA3S12130299.html

ヘイトスピーチ 元在特会代表に「脅迫的な言動しないで」
毎日新聞 2015年12月23日
http://mainichi.jp/articles/20151223/k00/00m/040/126000c

法務省勧告をめぐる桜井誠の発言と勧告書を破り捨てる様子(2015/12/24)
http://www.twitlonger.com/show/n_1so3nq2

 2つ目のヘイトデモは、柏木公園(西新宿7-14)を14時30分に出発する、「日本人差別をなくせ!デモ実行委員会」主催の「日韓スワップより 日本へのヘイトに制裁を!」と謳ったものです。こちらも前回となる2014年11月に銀座で行ったデモの中で、かなり酷いヘイトスピーチが行われていた事を確認しています。

 「日本人差別をなくせ!デモ実行委員会」の実体は「日侵会」で、実行委も日侵会も「在特会」も、新大久保を始めとして、これまで各地でヘイトスピーチ・デモを繰り返し行ってきています。

 このようなヘイトスピーチ・デモに反対する街頭行動を行います。
 ご都合のつく方はぜひご協力ください。

 活動は、平和的に人権に配慮して行います。

【日時/開始場所】

[Part1]
3月27日(日)/13時15分頃~/新宿一丁目北交差点(最寄り・新宿御苑前駅/新宿三丁目駅)
※ヘイトデモは花園西公園(新宿1-32)を13時30分出発

[Part2]
3月27日(日)/14時15分頃~/柏木公園近くの交差点(最寄り・新宿駅)
※ヘイトデモは柏木公園(西新宿7-14)を14時30分出発

【行動内容】
・プラカード掲示
・周知フライヤー&ミニバッジの配布
・周知型コール
・ヘイトの記録

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】 https://twitter.com/a_r_project

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

【プラカード&フライヤー(街頭行動)】
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

ご協力頂ける方も募集していますので、ご連絡なりお気軽に声を掛けてください。
どうぞよろしくお願いします。

【注意事項】
・ヘイトデモや街宣の参加者、及び警察とは適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

【参考】

■ヘイトスピーチ・デモの告知 
[花園西公園]
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=978

[柏木公園]
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=966


3.6 ヘイトデモ反対アクションin 銀座

【Peaceful Silent Counter Action Against Hate-Speech Demo in Ginza】

 2016年3月6日(日)の14時30分に、銀座の水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)に集合し、15時に出発する、ヘイトスピーチ(差別扇動)デモへのカウンターアクションを行います。

平和的に人権に配慮して行います。

【注意事項】
サイレントアクション(トラメガ・大声(罵声)・並走の自粛&通行の確保)

 朝鮮総連・朝鮮学校を標的にしたヘイトスピーチ・デモは、都内では2014年6月、15年4月、7月、そして今回で4度目となります(いずれも中央区の公園に集合、出発)。

 朝鮮総連や朝鮮学校への差別・排外的な発言だけでなく、在日コリアンに対しても、かなり酷い悪質なヘイトスピーチを行ってきています。

 主催は「朝鮮総連・朝鮮学校解体委員会」ですが、これまでの代表世話人や現場責任者はすべて「在特会」所属で、実質は「在特会」メンバー主催のヘイトスピーチ・デモといえます。

 「在特会」は、京都朝鮮学校襲撃事件に関与し、刑事裁判で有罪、民事裁判でも「人種差別」とされ約1200万円の賠償判決が確定しています。
 
 そして朝鮮学校については、国連の社会権規約委員会が「無償化」除外は「差別を構成している」とし、人種差別撤廃委員会も「補助金の提供の再開あるいは維持を要請すること」を求めています。

 朝鮮学校に対する日本政府や地方自治体の一部による差別的な政策が、ヘイトスピーチ・デモを後押しする事にもなっています。
 
 このようなヘイトスピーチ・デモに反対する街頭行動を行います。
 平和的に人権に配慮して行います。

※今回、数寄屋橋交差点において、銀座の商店街や買い物客への配慮を再優先に、「サイレント」でプラカードや横断幕を掲げるカウンターアクションが呼び掛けられています(参照)。
 
■そのためARPとしての行動も、商店街や買い物客に配慮して、「サイレント」で行いますので宜しくお願いします。

【注意事項】
サイレントカウンターアクション(トラメガ・大声(罵声)・並走の自粛&通行の確保)

【日時】
3月6日(日) 14時45分頃~

【場所】
■銀座通り口交差点:横断幕&プラカード&周知
(銀座線・京橋駅出口3/有楽町線・銀座一丁目駅出口7)

■外堀通り:周知(交差点)

【注意事項】
サイレントカウンターアクション(トラメガ・大声(罵声)・並走の自粛&通行の確保)

※ヘイトスピーチ・デモは、水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)に14時30分集合、15時に出発予定。

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】 https://twitter.com/a_r_project

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

【プラカード&フライヤー(街頭行動)】
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

ご協力頂ける方も募集しています。
お気軽にご連絡なり、声を掛けてください。
どうぞよろしくお願いします。

flier_wk_v5

【参考】

■ヘイトスピーチ・デモの告知
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=964

■京都朝鮮学校襲撃事件・民事訴訟判決

在特会による京都朝鮮学校襲撃事件 控訴審判決文 他  7月8日大阪高裁
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/7e81a3afc7dce2827aeda19a7be2553e

「在日朝鮮人及びその子弟を教育対象とする被控訴人に対する社会的な偏見や差別意識を助長し増幅させる悪質な行為である事は明らかである。」

「民族教育事業の運営に重大な支障を来しただけでなく」「今後もその被害が拡散、再生産される可能性があるというべきである。」

「人種差別という不条理な行為によって被った精神的被害の程度は多大であったと認められ、被控訴人は、それら在校生たちの苦痛の緩和のために多くの努力を払わなければならない。」

京都地裁判決
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=83675

■社会権規約委員会の総括所見

第3回政府報告関する社会権規約委員会の最終見解(2013年5月17日)(仮訳(PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000053172.pdf

27.委員会は、締約国の公立高校授業料無償制・高等学校等就学支援金制度から朝鮮学校が排除されており、そのことが差別を構成していることに懸念を表明する。(第13条、第14条)

委員会は、差別の禁止は教育の全ての側面に完全かつ直ちに適用され、全ての国際的に禁止される差別事由を禁止の事由に包含することを想起し、締約国に対して、高等学校等就学支援金制度は朝鮮学校に通学する生徒にも適用されるよう要求する。

■人種差別撤廃委員会の総括所見

第7回・第8回・第9回政府報告に関する人種差別撤廃委員会の最終見解(2014年9月)(仮訳(PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000060749.pdf

朝鮮学校

19.委員会は,(a)高等学校等就学支援金制度からの朝鮮学校の除外,及び(b)朝鮮学校に対し地方自治体によって割り当てられた補助金の停止あるいは継続的な縮小を含む,在日朝鮮人の子供の教育を受ける権利を妨げる法規定及び政府の行動について懸念する(第2条,第5条)。

委員会は,市民でない者に対する差別に関する一般的勧告30(2004年)を想起し,締約国は教育機会の提供において差別がないこと,締約国の領域内に居住するいかなる子供も就学において障壁に直面しないことを締約国が確保することとした,前回の最終見解パラグラフ22に含まれる勧告を繰り返す。委員会は,締約国に対し,その立場を修正し,朝鮮学校に対して高等学校等就学支援金制度による利益が適切に享受されることを認め,地方自治体に朝鮮学校に対する補助金の提供の再開あるいは維持を要請することを奨励する。委員会は,締約国が,1960年のユネスコの教育における差別待遇の防止に関する条約への加入を検討するよう勧告する。