[記録]2017年2月12日、浦和駅東口でのヘイトスピーチを伴う街宣(牢人新聞社/外国人犯罪撲滅協議会)

 2016年2月12日(日)に、「牢人新聞社」と「外国人犯罪撲滅協議会」が主催して、浦和駅東口で行った街宣での差別、ヘイトスピーチ(差別扇動)や問題発言などの記録になります。

 この時は、ヘイトスピーチだけでなく、大勢で取り囲み「犯罪者を叩き出せー」と、暴力を扇動する行為も行っている危険集団です。「支那」という差別、侮蔑的呼称も、常時使用しています。

 彼らは2016年4月から浦和駅東口で、ヘイトスピーチを伴う差別街宣を毎月第2日曜日に行っています。

 ヘイトスピーチや差別は、当然の事ながら決して許される行為ではありません。

「ヘイトスピーチの解消に関する決議」 参議院法務委員会(2016年5月26日)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/gianjoho/ketsugi/190/i065_052601.pdf

「全国で今も続くヘイトスピーチは、いわゆる在日コリアンだけでなく、難民申請者、オーバーステイ、アイヌ民族に対するものなど多岐にわたっている。私たちは、あらゆる人間の尊厳が踏みにじられることを決して許すことはできない」

法務省 「ヘイトスピーチに焦点を当てた啓発活動」
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00108.html

「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」について
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000339043.html

外務省 外交史料 Q&A その他
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/qa/sonota_02.html
Q 戦前に、中国の呼称を「支那」から「中華民国」に変更した経緯を示す記録はありますか。
A しかし、中国は侮蔑的なニュアンスの強い「支那」という呼称を好まず、「中華民国」を用いるよう求めていました。(抜粋)

『クローズアップ現代 ヘイトスピーチを問う ~戦後70年 いま何が~』 NHK 2015年1月13日(火)放送
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3598_all.html

「団体が特権だと主張している特別永住権について、法務省は歴史的経緯などを考慮して、認められた在留資格で、特権ではないとしています。
また生活保護の優遇について、厚生労働省は、国籍を問わず、同じ判断基準で支給をするかどうか決めていて、優遇の事実はないとしています。」

「特別永住資格」を「特権」というウソ -「在日特権」というデマ
https://antiracismproject.wordpress.com/dema-sp/

【閲覧注意】

[記録対象]
「第10回 埼玉県時局演説会」
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1183
日時:2017年2月12日(日) 14:00~
場所:JR浦和駅東口
主催:牢人新聞社、外国人犯罪撲滅協議会

[旗・幟]

旗:「不良外国人を叩き出せ」「外国人犯罪撲滅協議会」

―――――

【渡邊昇・牢人新聞社】

「今の日本のブルジョア的搾取しているのは誰か。パチンコ業界やサラ金業界や一部の特権階級による在日の富裕層じゃねえか。」

「犯罪者を叩き出せー。浦和から犯罪者を叩き出せー。」

「道路使用許可を取らない犯罪者は出て行けー。」

「浦和から犯罪者は出て行けー。」

―――――

【有門大輔・外国人犯罪撲滅協議会】

「浦和から犯罪者を叩き出せー。」

「トランプ政権が自国民の雇用を守ろう、不法移民を叩き出そうという事で保護主義政策で一生懸命やっております。」

「日本の自衛隊だけでは、例えば中国人が暴動を起こしても、これを抑える力はありません。例えば中国人が何万人でもいい、暴動を起こした時に、これを鎮圧できるのは警察でも自衛隊でもない。中国人が暴動を起こした時に鎮圧できる、それは在日米軍でしかないんですよ。」

「例えば外国人犯罪の追放。不法滞在だとか。あるいは日本で凶悪犯罪を犯した外国人。こういう犯罪者。犯罪外国人を追放するのは当然ですよね。」

「在日特権の廃止、これもそうですね。外国人が、単なる外国人が、移民も同然に、特別永住資格という、特権的な制度で在留している。」

「戦前から戦後の一時期にかけて、南米とか北米とか色んな所に移住してますよ。」

「戦前の日本が朝鮮半島を統治して、インフラを整備して病院を建てたり道路を建てたり、朝鮮半島を発展させるために、日本の国費を割いて莫大な投資をしてますよ。そんな朝鮮半島に莫大な投資をしてますから、肝心の日本国民を食わせる事ができなくなった。」

※注:振り返ろう「正しい」日本の歴史

「データで見る植民地朝鮮史」 1945年への道
http://www.wayto1945.sakura.ne.jp/KOR10.html

「日露戦争」 NHK高校講座 日本史
https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/nihonshi/archive/resume032.html
戦争を優位に進めてきた日本でしたが、実はこの時、軍事的にも財政的にも限界に達していました。戦死者は8万人を超え、戦争の費用は、当時の国家予算の4年分を超える17億円に達しました。

「動揺する日本」 NHK高校講座 日本史
https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/nihonshi/archive/resume035.html
1920(大正9)年 戦後恐慌
1927(昭和2)年 金融恐慌
1930(昭和5)年 昭和恐慌

のように、当時の日本では10年の間に3度も恐慌が起きています。

最初の戦後恐慌が起こった背景には、日本の工業製品が売れなくなったということがありました。第一次世界大戦が終わり、ヨーロッパ諸国の工業生産が回復し始めたためです。

―――――

【男性A】

「支那共産党解放軍を導入しようという野望を持っているのであります。」

「そのような支那中共に思想された(?)、すなわち犬のごとき連中が、この我々の目の前で我々の演説を妨害している男たちであります。」

「今日もここ浦和の街を支那人が歩いている事でありましょう。皆さん、警戒せねばならない。警戒せねばならない、支那人に。そしてまた多くの在日韓国・朝鮮人も今日この浦和駅前を歩いている事でしょう。彼らはいつ善良なる日本人に向かって牙を剥くかもしれない。皆さん、注意をしてください。」

「あるいはまた南京大虐殺があったなどと言って、それを理由にして日本人の言論を弾圧する行為が現実に行われているのであります。」

「あるいは支那・中国人の行動には充分気をつけて用心を怠ってはなりません。」

「移民が厄災しか、もたらさないからであります。」

「移民を入れれば、テロ、暴動は必ず発生します。」

「例えばもう先週の金曜日も、日本で働いてる支那人が、日本のアパホテル会長の言った主張にけしからんとデモを行ったのであります。すなわち我々日本人に保証された言論の自由を弾圧する行為を行ったのであります。これからもこのような外国人異民族による日本人弾圧の行為は、どんどん続くでありましょう。」

「ならばなぜ差別扇動法とならないのか。差別演説禁止法にならないのか。我が国日本は、日本語でないと法律は有効性を持ちません。なぜこんな、ヘイトスピーチなる英語を使うのか。それはその実態がない、実質がないからであります。我々が日本人がどうしてこんなヘイトスピーチなる英語を法律をありがたがら、守らねばならいのか。そんなはずは金輪際ない。そんな法律は切って捨てるべきなんです。差別なんぞというものが日本にないからして、彼らはヘイトスピーチなる英語で誤魔化しているのであります。」

【確認】「ヘイトスピーチ解消法」(略称)の正式名称。(もちろん日本語)

「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」

「自分の国が苦しいからとか自分の国で戦争があるからとか、そんな事で難民などと称し、あるいは移民などと称し、他の国に押しかけてはなりません。日本人はこんなものを認めてはなりません。」

「それはあくまで、南米のペルー、ブラジルが、自分たちは荒野のごとき土地があるから、真面目な日本の農家の方たちよ、我々を豊かな国にしてくださいという要請に応じて、我が国の農家の次男、三男が出掛けて行ったのが日本の移民の歴史であります。すなわち、南米の恵まれない国に出掛けて行って、そのお助けをしたのが我々日本人の移民であります。」

※注:振り返ろう「正しい」日本の歴史

【満州開拓】コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E9%96%8B%E6%8B%93-897140
満州開拓は「農村の過剰人口問題を打開するため」などの理由で満州事変直後の1932(昭和7)年、「武装移民」として始まり、36年に「20カ年100万戸移民計画」として国策化された。

日本人の海外移住略史、1868年-1998年
http://www.janm.org/projects/inrp/japanese/overview_ja.htm
「戦後日本には多数の帰還者を加えた国内人口を支えるだけの経済的基盤がなく、食料を充分に供給することもできませんでした。」

「移民などは必要ありません。」

外国人労働者が絶望する「ニッポンのブラック工場」の実態
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49458
「都会のコンビニエンスストアや飲食チェーン店では、外国人の店員が当たり前になった。建設現場でも、外国人作業員をよく見かける。田舎に行けば、農業や水産加工業などで外国人は貴重な戦力だ。」

「我々は世界一金持ちの国なのであります。」

世界の名目GDP 国別ランキング・推移(IMF) 日本は第3位
http://www.globalnote.jp/post-1409.html

「このバカな法律をつくったのは、自民党の京都選出の代議士と、民進党の有田芳生という、日本人の姿をしているが日本人ならざる国会議員であります。」

―――――

【男性B】

「生き抜くためには何でもありの社会なんですよ。それが中央アジアです。今のイラクとかアフガニスタンとか、シリアとかですね。ところがここはアフリカもそうなんですよ。そういうところは、日本からは想像もできないような所なんです。そういうところの人たちを日本が難民として受け入れたらどうなりますか。そういう残酷な社会で日常生活を送っていたものが、日本の社会にきて、社会の秩序を守ろうなんていうまともな人間になりますか。なれないんですよ。」

「高麗の時には仏教を大事にしてたんですね。それが李氏朝鮮に変わった時に、前の王朝のものを、すべてことごとく否定するんですよ。ですからね、仏像も破壊しました。朝鮮半島にまともな仏像がない、史跡がない。これは李氏朝鮮が破壊したんです。」

※注:振り返ろう「正しい」日本の歴史

【廃仏毀釈とは】 コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E5%BB%83%E4%BB%8F%E6%AF%80%E9%87%88-113085
「明治初年,維新政府の神道国教化政策に基づいて起こった仏教排斥,寺院・仏像・仏具破壊運動。1868年旧3月,太政官布告による神仏判然令によって神仏分離が急激に実施されると,平田派国学者の神官らが中心となって,各地で神社と習合していた寺院の仏堂,仏像,仏具などの破壊・撤去運動を起こし,隠岐のごときは全島の仏寺を破毀して1寺も残さなかった。」

「日本のものであれば全て破壊する。これが韓国人の根底にある考え方です。」

「日本の神社、仏閣が相当燃えているんです。何十件と、日本全国に渡って。これは半島から来た人たちの犯罪行為です。私がいる北本の神社も何か知らんけど燃えた事がありました。おそらく、おそらくですけどね、半島から来た人の犯罪行為の1つだと思います。」

「彼らは日本に来てですね、郷に入っては郷を従わせる。郷に入っては郷を支配する。郷の人間を絶滅させて、完全に乗っ取る。これが異民族の考え方なんです。基本的には。」

「大東亜戦争が終わって、日本は民族自立という事で、それを旗印に戦いましたけれども。」

「向こうは階級社会なんですね。大陸ですから。」

「王族と民衆の間では、つい最近まで、20世紀で差があったんです。」

※注:振り返ろう「正しい」日本の歴史

【四民平等】コトバンク

https://kotobank.jp/word/%E5%9B%9B%E6%B0%91%E5%B9%B3%E7%AD%89-523901
「明治維新期,従来の士農工商などの封建的身分制を廃した政策。しかしこれで身分制はなくならず,華族・士族・平民に再編成され,被差別部落民も残存された。その過程は,1869年(明治2)6月版籍奉還にさいし公卿・諸侯(旧藩主)を華族に,平士以上の藩士などを士族としたことに始まる。69年12月同心など下士層を卒族としたが,72年1月卒族は廃され,郷士などの世襲のものは士族に,他は平民となった。一方,農工商三民は平民とされたが,平民の称は1870年9月〈自今平民苗字被差許〉との布告が初出。」

「日本人は移民を受け入れて、それが社会に貢献するならいいですが、社会のゴミになるだけです。あそこの連中みたいに、ゴミになるだけです。こんなゴミを日本の社会に入れちゃいけません。」

「こんな残酷な刑が、朝鮮半島、大陸にありました。」

※注:振り返ろう日本の歴史

森川哲郎『日本死刑史―生埋め・火あぶり・磔・獄門・絞首刑…』(リンク先:リュートの適当にっき)
http://yaplog.jp/neutralerstadt/archive/207

『日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史』
https://books.google.co.jp/books?id=pfpdDAAAQBAJ&pg=PT19&lpg=PT19&dq=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%88%91%E7%BD%B0%E3%80%80%E6%8B%B7%E5%95%8F&source=bl&ots=d97cJVlT2L&sig=puopSvgLHj0Y_RvzQSO0Kp4beQI&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwin_8LNqs7SAhVKerwKHSdzC284ChDoAQgvMAU#v=onepage&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%88%91%E7%BD%B0%E3%80%80%E6%8B%B7%E5%95%8F&f=false

「群馬県にブラジルから工場労働者を募って、24人に1人が外国人でしたっけ。大泉町がありますけれども。そこの市長さんは困ってるらしいですよ。なんせ税金を払わない。」

群馬県大泉町「ブラジルタウン」が元気な理由はなんだ?
http://blogos.com/article/173999/
「町長が先頭に立って多文化共生に取り組む大泉町に注目する。行政が積極的に「ブラジル色」を押し出し、町公認のサンバチームまである。」

群馬県大泉町「あらゆる差別の撤廃をめざす人権擁護条例(案)」
https://www.town.oizumi.gunma.jp/01soshiki/02kikaku/02kouhou/1409207847-82.html

―――――

【参考】過去のヘイトスピーチ・デモ、街宣

[記録]2016年11月13日、浦和駅東口でのヘイトスピーチ街宣(牢人新聞社/外国人犯罪撲滅協議会)
https://antiracismproject.wordpress.com/2017/02/12/161113/

[記録]2016年8月21日、西川口でのヘイトスピーチ・デモ(「牢人新聞社」/「外国人犯罪撲滅協議会」)
https://antiracismproject.wordpress.com/2016/09/18/20160821/

[記録]ヘイト街宣@浦和―「在日特権」デマ(2016年5月8日)
https://antiracismproject.wordpress.com/2016/06/12/0508/

[記録]ヘイト街宣@浦和ー差別デマとウソ(2016年4月10日)
https://antiracismproject.wordpress.com/2016/05/08/0410/

【閲覧注意】 2015年9月21日、鶯谷でのデマとヘイト・スピーチと「殺人扇動」
https://antiracismproject.wordpress.com/2015/12/06/0921/

【閲覧注意】 2014年11月9日(日)、南越谷ヘイトスピーチ・デモの詳細
https://antiracismproject.wordpress.com/2014/11/16/1109/

広告