[記録] 2016年2月25日、新宿駅西口でのヘイトスピーチ(差別扇動)街宣

 反グローバリズム保守連合(しきしま会協力)が、2016年2月25日(木)に新宿駅西口・小田急百貨店前で行った定例街宣での差別、ヘイトスピーチについての記録になりますが、今回も酷い内容です。
 2月25日は、荒井泉(維新政党・新風)と桜田修正(新社会運動代表) の両名も街宣に参加していました。

 前回の記録にも書きましたが、このような差別やヘイトスピーチに反対している多数は日本人です。そして当然の事ながら、差別やヘイトスピーチの対象とされている当事者も抗議をしています。

【閲覧注意】

[記録] 2015年12月24日、新宿駅西口での差別&ヘイトスピーチ街宣
https://antiracismproject.wordpress.com/2016/01/28/1224/

[記録] 2016年1月28日、新宿駅西口での差別&ヘイトスピーチ街宣
https://antiracismproject.wordpress.com/2016/02/25/160128/

[記録]2016年2月25日、新宿駅西口でのヘイトスピーチ街宣]

「トンスルとか試し腹とか、いいんじゃないですか」「大腸菌が入っているゴミが食べたい、そういう人が韓国に行ってください」

「帰れ、帰れ、朝鮮人。帰れ、帰れー」「出てけー、北朝鮮へ帰れー」(肉声)

―――

「民主党、日本共産党、社民党、彼らは在日朝鮮・韓国人に支配された政党なんです。」

「私の左側に何か叫んでいるような訳のわからない話をしているたちも、在日朝鮮韓国人なんです。朝鮮総聯の方なんです。」(「怖いー」(笑いながら))

「騙されてはいけません、騙されてはいけません。騙される人は、はっきり言います。チョンなんですよ。チョンなんですよ。日本人から(?)は、チョンと呼ばれるんですよ。句読点のチョン。」

―――

遠藤修一(反グローバリズム保守連合代表)

「朝鮮学校というのは日本の学校ではないですからね、朝鮮学校を卒業してもですね、一般の企業に就職なんてできますか。できないでしょ。だから彼らは、パチンコとかね、アンダーグラウンドな暴力団、ヤクザ組織、そういった事しか仕事がないんですよ。だから悪い事ばっかりやってね、朝鮮人がね、様々なそういった違法行為、犯罪行為、糾弾されるのでね、それが嫌だったら、朝鮮学校をなくすのは当たり前なんですよ。」

―――

「マスコミの中でも、在日朝鮮人や中国人の人たちが入り込んで、既に社員になってるんですよ。その人が人事を担当してね、次々、在日朝鮮人や中国人を入れて、その人たちが日本人に成りすまして、マスコミを動かしているわけです。だから日本人に対して好意的な、そういった報道がされないわけです。」

「2月22日というのは、竹島の日なんです。しかし、マスコミは竹島の日を、なんと猫の日と言い換えたんですよ。わざと竹島の問題から目を逸らさせようとして、2月22日、竹島の日を猫の日と言い換えていたんですよ。これは完全にマスコミの世論誘導なわけで。それだけ反日勢力というのはマスコミの中に入り込んでるんですよ。」

―――

桜田修正(新社会運動代表)

「昔の難民は祖国が安定した国は、大半の難民が帰っていったわけですよ。一応そういう形になっているんですよ。ところが今の難民はなんですか。犯罪目的、テロ目的、最初から犯罪やテロをするのが目的なんですよ。」(「そうだー」)
「ただ働きもせず、豊かな生活を享受する。遊ぶ金がほしい。何の心配もなく暮らせる、外国、先進国に避難する。」

「不法侵入者、滞在者のシナ人、朝鮮人、あるいは、テロ犯罪目的の難民どもに、この国を明け渡さなければいけないのか。あんな連中を受け入れる必要はまったくないんですよ」

「例えば移民なんていうのは、正式な手続きでもって、正式な資格をもっていれば(?)来れるわけですよ。」
「彼らに対する犯罪はなぜ少ないのか。正式な手続きと正式な資格でもって審査された上で、やってきてるわけですよ。仕事のため技術のため、色んな目的でもって来てるわけですよ。だから犯罪が少ないのは当然なんですよ。」

「ところが支那人や朝鮮人はどうですか。最初から不法侵入者、不法滞在者。テロや犯罪目的で来てるわけですよ」(「そうだー」)「だから我々は反対してるんですよ」(「反対だー」)

「あげくの果てに、そういったような移民難民目的の連中は、我々日本人以上の権利を要求してくるんですよ。参政権をよこせ、永住権をよこせ、生活保護をよこせと。」(「乞食ー」)

「それで通名制度を悪用すると。本来通名制度というのは、日本名を名乗る事を一応許す。決して本名ではないんですよ。ところが在日朝鮮人は日本名を名乗るんですよ。今までありとあらゆる日本人の名前でもってやってきて、だから日本人は気付かなかった。日本人の中には、どうしてこんなに自分の国が嫌いな人が多いのかなと思ってきた人も多いと思う。例えばテレビの(?)なんでもいいんですよ。日本名で出てくるんですよ。ところがその正体は実は朝鮮人だったりする場合がほとんどだったりするんですよ。」

「昔はテレビは、嘘八百、デタラメ、ごまかし、何でも通用したんですよ。」

「やつら支那人、朝鮮人、侵略者、犯罪者ども、こんなやつらに騙され続ける必要はないんです。」「あんなやつらに負ける必要はないんです。これからもこういう闘いはどんどん続けていきたいと思います。」

―――

「日本の警察は白人のクソビッチを守るためにいる訳ではありません」

広告