[記録]しきしま会・大岡山駅前街宣-再びのヘイトソング(2015年9月23日)


http://togetter.com/li/876893

 9月23日(水・休)の12時~14時過ぎにかけて、大岡山駅でしきしま会、景観会、さざれ石の会による、ヘイト(差別煽動)スピーチ街宣が行われました。

 当日は、8月22日(土)に引き続き、再びヘイト(差別煽動)ソングが歌われています。このヘイト・ソングについて、そして、当日なされたヘイト・スピーチをまとめています。

 かなり酷い差別表現がありますので、閲覧には充分ご注意ください。

 本日、10月11日(日)にも、名古屋駅東口(桜通口)の交番前で、13時~15時に、名古屋のしきしま会主催による、ヘイト・スピーチを伴うと予測される街頭宣伝の告知がされています。
http://bouzup.blog.jp/archives/1041035845.html

 このようなヘイト・スピーチは、どこであろうとも決して許されるべきものではありません。
 
 国連の自由権規約委員会や人種差別撤廃委員会からの日本政府に対する勧告のみならず、日本政府、与野党からも批判があり、200を越える地方議会では対処を求める意見書も採択されています。

 包括的な差別をなくす理念を定めた「人種差別撤廃施策推進法案」は、継続審議となりましたが、この法案の成立の早期成立を強く望みます。

 【閲覧注意】 今年行われたしきしま会のヘイト街宣の模様です。

【酷い発言続出】しきしま会による街宣(2015年1月12日 品川駅前)
https://note.mu/mig_21ssmt/n/n198fb1bdfa68

しきしま会による街頭アピール(2015.4.5 JR立川駅北口)
https://note.mu/mig_21ssmt/n/n6e97935385d1

7.20 ヘイト街宣反対アクション in 大岡山 (時間変更:12~14時)
https://antiracismproject.wordpress.com/2015/07/17/0720/

8.22 ヘイト街宣反対アクション in 大岡山
https://antiracismproject.wordpress.com/2015/08/21/0821/

【閲覧注意】 [報告] 8月22日(土)、しきしま会による大岡山駅前での街宣 -街頭でヘイト(差別煽動)ソングが歌われた日
https://antiracismproject.wordpress.com/2015/09/23/0822/

ついに天狗男まで登場……異次元の方向に突き進む「しきしま会」のヘイト街宣 at 大岡山 2015/8/22
http://togetter.com/li/863909

2015.09.23 大岡山で行われたコスプレ集団しきしま会のヘイト街宣の様子
http://togetter.com/li/877446

【閲覧注意】

以降は、9月23日(水・休)に行われた、ヘイト・スピーチについて記述します。

 この日歌われたヘイト・ソングは、8月22日(土)と同じ数の2曲で、歌い手(ヘイト・シンガー)も8月と同じ2人の人物です。

 1曲は、中森明菜の歌う「少女A」を替え歌にしたものです。
 もう1曲は、杉山清貴&オメガトライブの「ふたりの夏物語 -NEVER ENDING SUMMER-」の替え歌です。「ふたりの夏物語」のタイトルを、「ニダのナマポ物語」と変え、歌詞も下のようなヘイト・スピーチにして、平然と歌っています。
 

 アイゴー ニダがファビョった
 早くニダに生活保護を支給する

 ニダ よく見たらニダ
 エラ張り吊り目 ニダの顔

 よこせ 生活保護をよこせ
 ものすごい剣幕でこのまま押し切られそう
 助けて

 ニダがやってくる

 この歌の前には、朝鮮のことわざを悪意でねじまげて紹介した、差別煽動本(ヘイト・ブック)についての話もしています。

 以降の酷い妄想と偏見に基づく、ヘイト・スピーチなどの差別や歴史修正主義等の発言を、人物ごとにまとめています。

 どれも本当に酷いヘイト・スピーチですが、その中でも特に酷いものについては、コメントしています。

  「在日朝鮮人、日本からいなくなるべきなんですよ」
 【コメント】
 これがヘイト・スピーチです。

 「みなさま、あの方たちが在日朝鮮人のみなさまでございます。みなさま、在日朝鮮の方、お好きですか。私は大嫌いでございます。」

 「国会議員の半分は、日本の敵であります。敵とは韓国・朝鮮人であります。韓国・朝鮮人が日本の国籍を取り、帰化しまして、日本人に成りすまして国会議員をやっております。一説によると150人ほどもいるそうであります。」
 【コメント】
 ・ネットの差別デマを真に受けるのは、本当に今すぐやめましょう。

 「日本に密入国として逃げてきた、朝鮮人の奴隷、白丁の中には、戦後日本で朝鮮進駐軍と名乗り、日本人を殺して回り、日本人の不動産、財産を奪い、日本人の戸籍を奪い、何食わぬ顔をして日本人に成りすましている者もいます。これらの朝鮮人の末裔が、在日朝鮮人なんです。」
 「1952年、サンフランシスコ平和条約で日本が独立国家として主権を回復した時、朝鮮人進駐軍は、韓国民団、朝鮮総連と名前を変えて、現在に至っています。そしてその韓国民団、朝鮮総連から送り込まれた在日朝鮮人で構成されているのが、反日外国人政党である民主党なんです。」
 「外国人である在日朝鮮人が、日本で国会議員として、日本の国会で政治活動をする事は日本国憲法違反ではないでしょうか。在日朝鮮人であるSEALDsの奥田という青年を、国会で答弁させる事は日本国憲法違反ではないでしょうか。日本国政府は、なぜこのような日本国憲法違反を公に見逃しているのでしょうか。」
 「8月30日、国会前で安保法改正反対のデモに警察の発表で、およそ3万2千人の人間が集まりました。彼らの多くは、反日の在日朝鮮人、反日の在日中国人、反日のドアカ思想に真っ赤に染まった日本人です。例え話をします。もしあの日、8月30日、尖閣で日本と中国が軍事衝突をして、中国が国防動員法を発令していたら、国会前にいた3万2千人の反日の在日朝鮮人、反日の在日中国人、反日ドアカ思想に染まった日本人たちは、たちまち暴徒と化し、破壊工作、テロ活動をしていたかもしれないんです。日本政府はその事をわかっていて、あの外国人達に、安保法改正デモを許していたんでしょうか。」
 「中国人、朝鮮人に限らず、いつ何時、どのような切っ掛けで、突然危険なテロ活動をするかわからないんです。」
 「日本政府は今すぐ、在日朝鮮人議員から議員バッジを取り上げなさい。日本政府は今すぐ、外国人の政治活動をやめろ。日本政府は今すぐ、日本人差別の原因である「在日特権」を在日朝鮮人から、取り上げなさい。日本政府から差別を受けているのは、我々日本人なんだ。」
 
 【コメント】
 ・どこから突っ込みを入れていけばいいのかという位、事実に基づかない差別発言であり、ヘイトスピーチです。「朝鮮進駐軍」の話は、もちろんデマで、「名前を変えて現在に至って」はいません。「外国人である在日朝鮮人が、日本で国会議員として、日本の国会で政治活動をする事」は、そもそもができないはずなので、言っている事そのものが意味不明すぎます。「例え話」という偏見・差別的な妄想も、認識の誤りから始まり飛躍に飛躍を重ねていて、現実性ゼロである事が全くわからないようです。「在日特権」もデマである事は、法務省も厚労省も明言しています。「日本政府から差別を受けているのは、我々日本人なんだ。」と叫んでいますが、自分たちが差別している事をまず自覚して、心から深く反省するべきです。

 在特会の「朝鮮進駐軍」デマを検証してみた
 http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-129.html

 「クローズアップ現代 ヘイトスピーチを問う ~戦後70年 いま何が~」 2015年1月13日(火)放送
 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3598_all.html

「団体が特権だと主張している特別永住権について、法務省は歴史的経緯などを考慮して、認められた在留資格で、特権ではないとしています。
また生活保護の優遇について、厚生労働省は、国籍を問わず、同じ判断基準で支給をするかどうか決めていて、優遇の事実はないとしています。」

 「右の方で在日韓国・朝鮮人、外国人の方が、日本の街宣を妨害しております。」
 「国会前にいる若者、SEALDsと言われる若者たちは、在日韓国人・朝鮮人です。朝鮮人が国会前で暴れています。国会前で、毎週金曜日、太鼓を叩いているのが在日コリアンです。反日TBSだと、若者の声が騒いで、若者の声を聴けといいますけど、これは外国人の声です。在日コリアンの声が、毎週金曜日、首相官邸、国会前で太鼓を叩いているんです。これが事実です。」

 【コメント】
 ・カウンターの多数は、日本人です。そして国会前のSEALDsに参加している若者の多数も日本人です。まず自らがその「現実」と「事実」を「直視」するべきでしょう。

 「我々は韓国・朝鮮人が大嫌いです。なぜならば、嫌うべき理由があるからです。」
 「例えば、GHQが日本を統治していた頃に、朝鮮進駐軍と呼ばれる日本人を差別してとんでもない目に合わせる集団というのが、在日朝鮮人でした。」
 「それなのに、そういう事があったら、当然日本人は、朝鮮人を差別して嫌って当たり前なんです。ですから我々はこれからも、朝鮮民族を正当に差別していきます。」

 【コメント】
 ・「朝鮮進駐軍」は、「在特会」が流したデマです。差別を煽動するデマです。それを根拠にして、「朝鮮民族を正当に差別していきます」という恐るべきヘイト・スピーチが、日本の駅前の街頭で行われています。

 「みなさん、韓国・朝鮮人は嫌いですかー?いいんですよ、おかしい事にはおかしいと言っていいんですよ。嫌いなものに嫌いと言って何が悪いんですか。」 
 【コメント】
 ・これが人種差別です。これが街頭で公言されています。

 「かつて慰安婦問題が洗脳されていましたよね。あなたたちほとんど。朝日新聞と吉田清治っていう大ウソつきの戯れ言に洗脳されていましたが、(?)ウソってわかりましたよね。」
 【コメント】
  1993年に出された「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html は、吉田清治氏の証言を根拠としていません。

 吉田証言 根拠にせず 河野談話 菅官房長官認める
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-10-04/2014100402_01_1.html

広告