[4/4] シンポジウム 今こそ人種差別撤廃基本法の実現を

シンポジウム 今こそ人種差別撤廃基本法の実現を

 ◆日時◆
  2015年4月4日 (土) 14:00~16:45(開場 13:30)

 ◆場所◆
  文京シビックホール 会議室1・2
 〔地図〕http://bunkyocivichall.jp/access
  (東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター3階)
  *東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅と直結
  *都営三田線・大江戸線「春日」駅と直結
  *JR総武線「水道橋」駅より徒歩約10分

 ◆参加費◆ 1000円 (学生 500円)

 ◆主催◆ 外国人人権法連絡会 https://gjinkenh.wordpress.com

━━━━━━━━━
  プログラム
━━━━━━━━━

●司会● 丹羽雅雄 さん〈弁護士〉

● 1 ● 発題『人種差別撤廃基本法がめざすもの』
  師岡康子 さん〈弁護士〉

● 2 ● パネルディスカッション『規制法制定をどう考えるか?』
 【パネリスト】
 田中 宏 さん〈一橋大学名誉教授〉
 藤本美枝 さん〈弁護士〉
 金 哲 敏 さん〈弁護士〉

━━━━━━━━━
  開催 趣旨
━━━━━━━━━

◆2000年代に入って日本で顕在化したヘイト・スピーチをはじめとする排外主義の高まりは、今日ではテレビ等のマスメディアを通した人種憎悪の喧伝、「嫌韓」「反中」という文言が躍る書籍や週刊誌の氾濫、一部政治家とネット右翼幹部との親密な交際など、その深刻さは増していく一方です。

◆昨年、日本政府は、国連の自由権規約委員会と人種差別撤廃委員 会から、「人種主義の表明、人種主義的暴力と憎悪に、断固として取り組むこと」を求められました。それにもかかわらず、政府はその立法化に着手していません。

◆私たちは国会に対して、「人種差別撤廃基本法」の早期制定を求めます。なぜなら、ヘイト・スピーチをはじめ人種主義に対して、 日本の市民社会、そして立法府、行政府ははっきりと立ち向かっ ていかなければならないからです。また、人種差別撤廃条約に加入してから20年、人種差別に関する国内法の不在という状況が続くことは、世界が是認するところではないからです。

◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『日本における外国人・民族的マイノリティ人権白書●2015年』
   (外国人人権法連絡会 編)   4月4日に完成!
     頒価:1000円

   *外国人人権法連絡会会員の方には無料でお渡しします。なお、当日会場で入会手続き及び会費納入手続きを行います。
 http://www.g-jinkenho.net/modules/sections/index.php?op=listarticles&secid=2  
   *本シンポジウムの会場でお求めできます。
   *ご購入の方法は、ホームページに掲載する予定です。

広告

[3/19~3/25]「日本軍「慰安婦」被害者の記憶をつなぐ」 写真展 & 上映会

 「日本軍「慰安婦」被害者の記憶をつなぐ」

 日本軍「慰安婦」被害者の金学順さんが、世界で最初に名乗り出てから25年が経とうとしています。しかし、いまだ、この問題は解決していません。

 私たちは、アジア・太平洋各地で日本軍による性暴力被害を受けた女性たちと出会い、被害の回復を切に望む悲痛な声を聞き、被害を恥として自らの心の中に押し込めて生きてきた被害女性たちが、女性として自らの尊厳の回復を求めて立ち上がり、二度と同じ被害が起こらないようにと願い闘う姿に動かされ、共に歩もうと努力をしてきました。

 出会いから20年余、私たちは、韓国、中国、フィリピン、台湾、インドネシア、東チモールそして在日の被害女性たちの日常や闘いを写真や映像に収めてきました。

 昨年8月に端を発した朝日新聞バッシングを利用して「強制連行はなかった」など、「慰安婦」被害女性の被害事実を否定する動きはますます強まっています。私たちはこのような動きを座視するわけにはいきません。

 被害女性たちが次々と亡くなっていく現在、問題解決のために、彼女たちの声を直接聞いた者として彼女たちの訴えやその姿を多くの人々に伝えていきたいと思い、写真展と上映会を企画しました。

 今後ともみなさんのご協力を得ながら日本軍「慰安婦」被害者の記憶をつないでいくために努力していきたいと思います。

<写真展 3/19~3/25> (無料)

3/19     18:00~20:00
3/20~24   10:00~20:00
3/25     10:00~18:00

<上映スケジュール(予定) > 1日券700円 4日券2000円

●3/20(金) 13:00 開場
13:40~15:10 終わらない戦争
15:10~15:20 -休憩-
15:20~15:35 ひとつの史実 ~海南島「慰安婦」の証言~
15:40~16:40  大娘たちの戦争は終わらない  -中国

●3/22(日) 18:00 開場
18:40~19:50 カタロゥガン!ロラたちに正義を!-フィリピン
19:50~20:00 -休憩-
20:00~21:10 息づかい          -韓国

●3/23(月) 13:00 開場
13:40~15:00 ガイサンシーとその姉妹たち -中国
15:00~15:10 -休憩-
15:10~16:45 オレの心は負けてない    -在日

●3/24(火) 13:00 開場
13:40~13:55 阿媽の秘密より(黄阿桃さんの証言)-台湾
13:55~15:30 蘆葦の歌          -台湾
15:30~15:40 -休憩-
15:40~16:00 大娘たちの記憶       -中国
16:00~16:30 生きている間に語りたかった-国際公聴会の記録

<場所> 
写真展:東京 中野ゼロ 本館 地下展示ギャラリー
   上映会:東京 中野ゼロ 本館 視聴覚ホール
  https://www.nicesnet.jp/access/zero.html

写真展&上映会実行委員会   後援:戦時性暴力問題連絡協議会
(連絡先= 070-1317-5677070-1317-5677 cw_photo_image@yahoo.co.jp )

3.14 ヘイトデモ反対アクション in 川崎

 3月14日(土)に川崎市でヘイトスピーチ(差別煽動)デモが行われます。

 稲毛公園(川崎区宮本町7)で13時30分から集会を行い、14時にJR川崎駅へ向かってデモを行うと思われます。川崎市でのこのようなデモは一昨年の5月から始まり、今回で9回目となります。

 彼らはこれまで、差別語を用いたり「不逞外国人が排斥される当たり前の日本を目指す」として、ヘイトスピーチ・デモを行なってきました。今回も「とても日本人では考えられない」という差別・偏見に基づいた考えで、「反日勢力」が「日本人差別」を行なっているとして「日本浄化を!」と呼び掛けています。

 彼らが行っているのは、「政治的主張」ではなく「差別」であり「ヘイトスピーチ」です。

 このようなヘイトスピーチ・デモに反対する街頭行動を行います。
 ご都合のつく方はぜひご協力ください。

 反対行動は、平和的に人権を尊重しつつ行います。

 当日は、こちらのフライヤーも配布します。

●「川崎市でのヘイトスピーチ(差別煽動)デモに反対します」 (両面)
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2015/03/kawasaki_v3.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 35275702 有効期限:3月21日

【日時】
3月14日(土)、13時45分頃~

【開始場所】
川崎区役所付近(川崎区東田町8番地・デモ出発地点の稲毛公園の向かい)。
ヘイトデモは、稲毛公園を14時に出発予定。

【予想ルートMap】 http://goo.gl/CQgmaF

※予想です。外れたら申し訳ありません。

【行動内容】
・沿道での周知&ビラの配布
・反対するプラカード掲示
・周知型コール
・ヘイトの記録

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】 https://twitter.com/a_r_project

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。ご自分での印刷も可能です。

【街頭行動】 プラカード&周知用フライヤー
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

ご協力して頂ける方も募集しています。
街頭でも、お気軽に声を掛けてください。
どうぞよろしくお願いします。

【注意事項】
・デモ及び、デモ参加者と適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

【参考】
■今回のヘイトスピーチ・デモの呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=736

■川崎市人権施策推進基本計画「人権かわさきイニシアチブ」の策定について (2015年3月11日)
http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000065949.html

第2部
Ⅱ 施策の方向

「あらゆる差別の撤廃に向けて、差別的言動(ヘイトスピーチ)が行われることがないよう、広報・普及の充実を図る。」

flier_d6_fflier_b7_f
dema_sp_v2history rivisionism_v1