【9/28】 「国連・人権勧告の実現を!」-すべての人に尊厳と人権を- 『9・28 集会&デモ』

「国連・人権勧告の実現を!」-すべての人に尊厳と人権を-
        『9・28 集会&デモ』のお知らせ

 昨年、国連の拷問禁止条約、社会権規約両委員会の審査で、日本政府は厳しい勧告を受けました。人権上の様々な問題に対して、改善を求める厳しい勧告でした。しかし安倍政権は「守る義務なし」として、無視を決め込んでいます。

 今年の夏、さらに自由権規約、人種差別撤廃条約両委員会からも、勧告が出されます。再び、安倍政権に「勧告無視」を許すわけにはいきません。国際社会から、日本は「人権後進国」とみられているのです。みんなの力で日本の恥ずべき現状を変えましょう。「勧告遵守」を実現させましょう。

●日時:  2014年 9月28日(日)

・集会:  13時30分~15時(集会終了後、デモ出発)
・デモコース: 芝公園―新橋―銀座―東京駅

●場所: 都立芝公園集会広場 23号地(東京都港区芝公園3-4)
     http://loco.yahoo.co.jp/place/g-ce43Yr31Ce6/

<集会内容>
・自由権規約委員会勧告の概要報告(海渡雄一さん)
・人種差別撤廃委員会勧告の概要報告(師岡康子さん)
・日本政府は勧告遵守の義務がある(寺中誠さん)
・賛同団体からの発言

<主催>
9・28「国連・人権勧告の実現を!」実行委員会

●日本政府に対する主な国連人権勧告●

・個人通報制度の批准・独立した国内人権機関の設置
・取り調べの完全可視化、代用監獄の廃止、刑事司法手続きの改善
・日本軍「慰安婦」に対する公的謝罪と人権救済
・マイノリティの子どもの教育
・女性労働者の権利
・難民や移住労働者の権利
・思想、表現の自由(「君が代、日の丸」不起立者への処分問題)
・障害者の権利、精神障害者の非自発的入院
・「特定秘密保護法」「ヘイトスピーチ」の差別禁止法制定
・死刑制度廃止に向けた取り組み
・婚外子差別などに関する民法改正
・朝鮮学校への適切な財政措置
・性的マイノリティ差別
・人身取引や外国人技能実習生制度
・アイヌ、沖縄の先住民族の権利
・部落差別問題
・福島原発事故後の健康に関する権利など

<集会成功に向けての賛同カンパにご協力を!>

 この集会・デモを成功させ、世論を喚起して安倍政権に「勧告遵守」を迫るために、みなさまの集会への参加と共に、賛同カンパを呼びかけています。ぜひともご協力くださいますようお願いいたします!

(集会賛同)団体、個人いずれも1口1,000円 (可能であれば複数口お願いいたします)

(振込先)振替口座 00100-6-264088 口座名「国連人権勧告実現」

(連絡先)090-9804-4196(長谷川) jinkenkankokujitsugen@gmail.com

ブログ http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
ツイッター https://twitter.com/unjinken
フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen
9・28_集会&デモ_f9・28_集会&デモ_b

広告

9.23 差別デモ反対行動 in 六本木

本日、六本木で16時から、「日韓断交」を謳い、差別を煽動する、ヘイトスピーチ・デモが行われます。
主催は、これまで数多くのヘイトスピーチ・デモや街宣を行い、京都の朝鮮学校への襲撃事件も起こしている「在特会」です。

彼らは今年の1月にも、同様のヘイトスピーチ・デモを六本木で行っています。
六本木でデモを行う理由は、このデモコース(前回と同じ場合)の途中に、在日本大韓民国民団や韓国の総領事部が入っている、韓国中央会館があるからです。
前回のヘイトデモへの反対行動時に、近くに住む方から、よく右翼が騒いでいるという話も聞きました。

前回のデモでは、「出て行け」「東京湾に叩きこめ」という排外的なコールの他、それ以上の差別・排外的なコールや幟・プラカードが掲げられています。

このような差別に基づく憎悪の煽動を行う、ヘイトスピーチ・デモに反対する街頭行動を行います。
ご都合のつく方はぜひご協力ください。

反対行動は、平和的に人権を尊重しつつ(全ての人に基本的人権が存在する事を前提に)行います。

[日時]
9月23日(火・休)、15時30分頃~

[開始場所]
六本木交差点付近
(最寄り駅:日比谷線・大江戸線、六本木駅)

※ヘイトスピーチ・デモは、三河台公園(港区六本木4-2-27)に、15時集合、16時出発予定。

【行動内容】
・沿道での周知&ビラの配布
・反対するプラカード掲示
・周知型コール
・ヘイトの記録

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】 https://twitter.com/a_r_project

【予想ルートMap】
http://goo.gl/FoJs0zI

三河台公園(出発地点) →六本木通り→六本木交差点(左折)→外苑東通り→古川橋交差点→飯倉片町交差点(右折)→415号線→新一の橋交差点→二の橋交差点 → 古川橋交差点(解散地点)

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。ご自分での印刷も可能です。

【街頭行動】 プラカード&周知用フライヤー
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

反対行動に、ご協力して頂ける方も募集しておりますので、ご連絡ください。
街頭でも、お気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

[注意事項]
・デモ及び、デモ参加者と適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

[参考]
今回の差別・排外的街宣の呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=566

Placard_Frontinfo_dp_p1v6info_dp_p2v1info_demo_a2flier_d6_fdema_a4

9.23 差別街宣反対行動 at 大宮

本日12時から大宮駅西口にて、「日韓断交」を謳い、差別を煽動するヘイト・スピーチを行う街頭宣伝が予定されています。
同様の街頭宣伝は同時刻に、JR桜木町駅前とJR千葉駅東口クリスタルドーム前でも行われる予定で、この日は全国11箇所で、差別・排外的なデモ&街宣が企画されています。

主催は、これまで数多くのヘイトスピーチ・デモや街宣を行い、京都の朝鮮学校への襲撃事件も起こしている「在特会」(大宮は埼玉支部)です。
大宮では昨年4月に、同趣旨の差別・排外デモも行われています。

このような差別に基づく憎悪の煽動を行う、ヘイトスピーチ、差別・排外的な街宣に反対する街頭行動を行います。

午後には、第二ステージと称した、六本木でのヘイトスピーチ・デモもあり、こちらへの反対行動も予定しています。

【9.23 差別デモ反対行動 in 六本木】
https://antiracismproject.wordpress.com/2014/09/23/923-2/

ご都合のつく方はぜひご協力ください。

反対行動は、平和的に人権を尊重しつつ(全ての人に基本的人権が存在する事を前提に)行います。

【日時】
9月23日(火・休)、12時~

【開始場所】
大宮駅西口

【行動内容】
・反対するプラカード掲示
・沿道での周知&ビラの配布
・周知型コール
・ヘイトの記録

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】 https://twitter.com/a_r_project

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。ご自分での印刷も可能です。

【街頭行動】 プラカード&周知用フライヤー
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

反対行動に、ご協力して頂ける方も募集しておりますので、ご連絡ください。
街頭でも、お気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

[注意事項]
・街宣及び、スピーカーと適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

[参考]
今回の差別・排外的街宣の呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=566

Placard_Frontinfo_dp_p1v6info_dp_p2v1info_pro_a2flier_d6_fdema_a4

【9/21】 9.21 差別・排外主義にNO! 第3回討論集会 <在特会>は、なぜこうした人々を憎悪するのか?

9.21 差別・排外主義にNO! 第3回討論集会

<在特会>は、なぜこうした人々を憎悪するのか?

私たち連絡会は、この間、お互いの意見や経験を共有、深化する場として連続討論集会を開催してきました。(第1回:「2013年を振り返ってー何が起こっているのか? 何が問題なのか?」。第2回:「攻撃された当事者は何を思う? 私たちはどう繋がるか?」)
今回は、この国の歴史と現実に真正面から向き合い、異議の声をあげている故に、<在特会>の攻撃のターゲットになっている運動を担う方々とともに、上記テーマによるパネルディスカッションを行います。
活発な討論を通して、より一層の広範かつ内実のある社会的包囲網の形成を、ともに獲得していきたいと思います。
皆さん、ぜひご参加ください。

【日時】2014年9月21日(日)
(13時15分開場、13時30分開始)
【場所】文京区民センター 2A会議室
(都営三田線/大江戸線春日駅A2出口 徒歩0分)

第一部 報告 <在特会>が憎悪の対象とする人々
講師:安田浩一さん

第二部 討論 差別・排外主義をどう捉え、対決するか?
それぞれが、いかに結びつき、反撃するか?

パネルディスカッション
部落解放、反天皇制、反原発、生活保護バッシング、
差別・排外主義に反対する連絡会、など、各運動から

※資料代 500円   ※集会終了後、同会場にて交流会を行います。

【主催】 差別・排外主義に反対する連絡会 http://noracismnodiscrimination.blogspot.jp/

 

【9/20】 学習会 「国連からの人権勧告とヘイト・スピーチ、ヘイト・クライム」

「国連・人権勧告の実現を!」-すべての人に尊厳と人権を-

第7回学習会

「国連からの人権勧告とヘイト・スピーチ、ヘイト・クライム」

 日本国内で盛んに行われているヘイト・スピーチという差別を煽動する憎悪表現に対する批判が、内外から高まっています。

ヘイト・クライム(差別犯罪)といえる、2009年の京都朝鮮学校への在特会(在日特権を許さない市民の会)らの襲撃事件に対する民事訴訟の判決が、大阪高裁から7月8日に出ています。判決では、人種差別撤廃条約の「人種差別に該当する」とし「在日朝鮮人が民族教育を行う利益」を認め、約1200万円の賠償を命じるものでした。

7月24日に、国連の自由権規約委員会が最終見解の中で日本政府に対し、ヘイト・スピーチを行う宣伝や示威行為を禁止し処罰する法整備をするよう勧告を出しており、こうした差別行為を放置する日本政府の姿勢は、国際社会からも厳しく批判されています。

差別・排外主義に基づくヘイト・スピーチ、ヘイト・クライムは、主に在日朝鮮人を中心とした外国人やマイノリティーの人たちなどに行われる迫害であり、被害当事者の人々は耐え難い苦痛と恐怖に襲われています。このような現状を生み出し、容認し、放置しているのは、「日本人」というマジョリティであり、この「日本社会」です。

学習会では、私たち自身の問題として、国連からの人権勧告を実現し、日本からヘイト・スピーチ、ヘイト・クライムをなくしていくために何をすべきか、学び考え話し合い、そして行動に繋げていきたいと思います。

○日時: 9月20日(土)、18:30~20:30

○講師: 明戸隆浩さん
(関東学院大学ほか非常勤講師。社会学/多文化社会論。最近の翻訳にエリック・ブライシュ『ヘイトスピーチ』。)

○会場: 渋谷アイリス
(渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田 8階 渋谷駅から徒歩5分)
http://www.shibu-cul.jp/access.html

○参加費: 500円

*なお、事前のお申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

主催: 「国連・人権勧告の実現を!」実行委員会
連絡先: jinkenkankokujitsugen@gmail.com
blog: http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
facebook: https://ja-jp.facebook.com/jinkenkankokujitsugen
twitter: https://twitter.com/unjinken
unjinken_920v

9.7 差別デモ反対行動 in 銀座

9月7日(日)、16時半から銀座の街中で、日本の在日朝鮮人(コリアン)を主な標的とした差別・排外デモ、ヘイトスピーチ(差別煽動)・デモが行われます。

主催者は、これまでも同様のヘイトスピーチ・デモを、新大久保で昨年の2月と6月、今年は5月に新宿で行っています。
今回は、「第二次朝鮮征伐・桜田秋祭り」と称し、「これは戦争だ!」「キレイゴトは一切不用」として、引用するのも憚れる差別・排外的な言葉を用い、ヘイトスピーチ・デモの呼び掛けをしています。

91年前の9月1日に起きた関東大震災の時には、警察やメディアによって流言飛語(デマ)が流され、その結果、数百の中国人と数千の朝鮮人が、軍や警察、民間人からなる自警団に虐殺されました。

先月広島で起きた土砂災害でも、ツイッター上で朝鮮人による犯罪が行われているというデマを流した後、自警団を名乗って、差別による虐殺(ヘイト・クライム)を想起させる投稿がありました。

今現在、週刊誌や新聞などのメディアが、「嫌韓」・「反韓」という、差別・偏見・憎悪を煽る記事を毎日のように載せ、同様の本が書店にも数多く並んでいます。
このような記事や本は、街頭で行われるヘイトスピーチ・デモや、ネット上で大量に流布されるヘイトスピーチの源にもなっています。
日本政府による朝鮮学校への差別政策も同様で、先日、国連の人種差別撤廃委員会からも改めるよう促す勧告がありました。

国連の自由権規約(人権)委員会、人種差別撤廃委員会から、日本政府に対し、差別やヘイトスピーチが行われている現状を是正する措置を求める勧告が出ています(一部を抜粋して最下部に載せておきました)。

ヘイトスピーチ・デモやネット上のヘイトスピーチだけでなく、メディアや政府に対しても、異議を唱え抗議します。

このような差別の煽動を行う、ヘイトスピーチ・デモに反対する街頭行動を行います。
ご都合のつく方はぜひご協力ください。

反対行動は、平和的に人権を尊重しつつ(全ての人に基本的人権が存在する事を前提に)行います。

【日時】
9月7日(日)、16時15分頃~

【開始場所】
「銀座通り口」交差点
(最寄り駅:有楽町線・銀座一丁目)

ヘイト・スピーチデモは、水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)を、16時半に出発予定。

【行動内容】
・沿道での周知&ビラの配布
・反対するプラカード掲示
・周知型コール
・ヘイトの記録

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

https://twitter.com/a_r_project  【twitter】
https://www.facebook.com/a.r.proj 【Facebook】

http://goo.gl/Go2ONI 【予想ルートMap】
水谷橋公園 →外堀通り→ 日比谷公園

※予想です。外れたら申し訳ありません。

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

【街頭行動】 プラカード&フライヤー

https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

反対行動に、ご協力して頂ける方も募集しておりますので、ご連絡ください。
街頭でも、お気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

【注意事項】
・デモ及び、デモ参加者と適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

【参考】
■今回の差別・排外主義のデモの呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=546

■自由権規約(人権)委員会・総括所見、パラグラフ12より抜粋。(NGO共同翻訳)

締約国は、差別、敵意または暴力の扇動となる、人種的優越または憎悪を唱えるあらゆる宣伝を禁止すべきであり、またそのような宣伝を広めることを意図した示威行動を禁止すべきである。締約国はまた、人種主義に反対する意識啓発キャンペーンのために十分な資源の配分を行うとともに、裁判官、検察官、警察官が憎悪および人種的動機に基づく犯罪を発見する力をつける訓練を受けることを確保するための取り組みを強化すべきである。締約国はまた、人種主義的攻撃を防止し、容疑者が徹底的に捜査され、起訴され、有罪判決を受けた場合には適切な制裁により処罰されることを確保するためのあらゆる必要な措置をとるべきである。

■人種差別撤廃委員会・総括所見、パラグラフ11・19より抜粋。仮訳:人種差別撤廃NGO ネットワーク(ERD ネット)

11.
(a) 憎悪および人種主義の表明並びに集会における人種主義的暴力と憎悪に断固として取り組むこと、
(b) インターネットを含むメディアにおけるヘイト・スピーチと闘うための適切な手段を取ること、
(c) そうした行動に責任のある民間の個人並びに団体を捜査し、適切な場合は起訴すること、
(d) ヘイト・スピーチおよび憎悪扇動を流布する公人および政治家に対する適切な制裁を追求すること、そして、
(e)人種主義的ヘイト・スピーチの根本的原因に取り組み、人種差別につながる偏見と闘い、異なる国籍、人種あるいは民族の諸集団の間での理解、寛容そして友好を促進するために、教授、教育、文化そして情報の方策を強化すること。

19.委員会は、朝鮮を起源とする子どもたちの下記を含む教育権を妨げる法規定および政府による行為について懸念する。
(a)「高校授業料就学支援金」制度からの朝鮮学校の除外
(b)朝鮮学校へ支給される地方政府による補助金の凍結もしくは継続的な縮減(第2 条と第5 条)

Placard_Frontinfo_dp_p1v6info_dp_p2v1info_demo_a2flier_d6_fdema_a4