7.26 差別デモ反対行動 in 川崎

本日、川崎市で16時から(集会は15時~)、外国人に対する差別を扇動する憎悪表現を、街中において集団で叫んで歩くヘイトスピーチ・デモが行われます。
川崎市でのこのようなデモは昨年から始まり、今年に入り2度目、今回で5度目となります。

今回は、「レイシスト川崎市長福田と反日勢力から川崎を護るデモ」と称し、
「反日共が憎悪され、反日外国人が差別される普通の国にしてやるぞ!
反日共に対する憎悪が渦巻き、不逞外国人が排斥される当たり前の日本を目指すぞ!」
「我々の力で日本の敵、被特別永住許可者を日本から叩き出し、反日極左テロリストを叩き潰し、川崎を、そして、日本を護りましょう!」
などと、差別を正当化し外国人の排斥を訴えています。

川崎市の福田市長は、今年の3月5日の記者会見と5月31日の区民車座集会で、このようなヘイトスピーチを批判する発言をしています。

http://www.city.kawasaki.jp/160/page/0000056128.html
2014年3月5日会見
『許されない行為だと思いますね。人種だけでなく、国籍だとかいったものを排斥する行為そのものが、人間として許されない行為だと思います。』

http://www.kanaloco.jp/article/72279/cms_id/83867
中学校給食の自校方式「可能性あれば検討」 区民車座集会で川崎・福田市長 神奈川新聞

『同市内でも何度か行われている、在日コリアンへの差別的表現を連呼する「ヘイトスピーチ(憎悪発言)」への認識を問われ、福田市長は「聞くたびに怒りを通り越して情けないと思う。あらゆる差別をする心が起きないように子どもに教育するのが大切。しっかりと進めたい」と答えた。』

こういった市長の発言に反発し、今回の差別・排外的なデモを企画して、市長について「子供を洗脳するアカと反日朝鮮勢の手先である」「日本国民を差別するレイシストである。」と呼んでいます。

このようなヘイトスピーチ・デモを行う人々は、ネット上に多数流れている偏見を元にしたデマを事実と信じ、差別ができる「情報」を常に探し回り、憎悪を煽動するプロパガンダを行ってきました。

一昨日の24日には、国連の自由権規約委員会から、日本政府に対し、ヘイト・スピーチについて対処するよう厳しい勧告が出ています。

国連人権委:元慰安婦への「完全な賠償」を日本に勧告 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140725k0000e040218000c.html
『ヘイトスピーチに関して勧告は、外国人に対する差別的なデモが頻発していることや、Jリーグのサポーターらが掲げて問題となった「ジャパニーズ・オンリー」(日本人以外お断り)という表示に「懸念」を表明。「差別、敵意、暴力をそそのかすような人種的優位の主張や憎悪をあおる言動」を禁じるよう促した。また、現行の民法、刑法では十分に対処できていないと指摘し、加害者を処罰するよう法整備を求めた。』

今回のデモに向けて、「プラカード等用素材集」としてサイトに列記されている事項も、差別と偏見・デマが並べられていて、とても酷いものとなっています。
その中から2つを取り上げて、デマである事を指摘しておきます。

1、元「慰安婦」の人が高給を貰っていたというデマ

名前は伏せられていますが、「高給取り追軍売春婦www 朝鮮人売春婦の通帳www」として、元日本軍「慰安婦」の方の通帳の写真が載せられています。

これについては、「FIGHT FOR JUSTICE」という、日本の歴史研究者が関わっている
『日本軍「慰安婦」制度に関する歴史的な事実関係と責任の所在を、資料や証言など明確な出典・根拠をもって、提供すること』を目的としたサイトで、

収入は「日本国内の円ではなく、ビルマで流通していた軍票または南方開発金庫券(南発券)」であり、占領地であるビルマのインフレを考慮しない「まったくの空論」であると検証されています。

●2-8 文玉珠(ムン・オクチュ)さんはビルマで大金持ちになった?
http://fightforjustice.info/?page_id=2391

2、「朝鮮進駐軍」が存在したというデマ

「朝鮮進駐軍」として、「在日朝鮮人・朝連本部を取巻く武装警官隊」の写真を載せ、それが「日本」の「武装警官隊」の写真であるにも関わらず、「忘れまじ!朝鮮進駐軍」と書いています。

「朝鮮進駐軍」がデマであるという事は以前より指摘されていて、下のサイトでも検証されています。

●在特会の「朝鮮進駐軍」デマを検証してみた
http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-129.html

このような差別・排外主義に基づく、ヘイトスピーチ・デモに反対する街頭行動を行います。
ご都合のつく方はぜひご協力ください。

反対行動は、平和的に人権を尊重しつつ(全ての人に基本的人権は存在する事を前提に)行います。
憎悪の連鎖を止めるために。

[日時]
7月26日(土)、15時15分頃~

[開始場所]
川崎区役所付近(川崎区東田町8番地・デモ出発地点、稲毛公園の向かい)。
差別・排外デモは、稲毛公園を16時に出発予定。

[参考Map] 反対行動場所 & 2.2 ヘイトデモ・ルート(参考)

http://goo.gl/lvMcBb

[行動内容]
・デモに対して反対のプラカード掲示
・沿道での周知&ビラの配布
・周知型コール(「差別・排外(ヘイト)デモ、街宣に反対しています」、「ヘイトをやめろ」、「差別をやめろ」、etc.)
・ヘイトの記録

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

[街頭行動] プラカード&フライヤー

https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

●現地での状況については、twitter上で報告する予定です。

https://twitter.com/a_r_project

反対行動に、ご協力して頂ける方も募集しておりますので、ご連絡ください。
街頭でも、お気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

[注意事項]
・デモ及び、デモ参加者と適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

[参考]
今回の差別・排外主義のデモの呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=492
Placard_Front
info_dp_p5
info_demo_a2
flier_d6_f
flier_b7_f
dema_a2

広告