6.29 差別デモ反対行動 in 西船橋

本日、6月29日(日)、船橋市において、「外国人犯罪撲滅」という名目で、差別デモが行われます。
主催が所属する団体は4月に、「支那朝鮮のいない大東亜共栄圏実現・国民大行進!」といった差別・排外デモを行っており、戦前・戦中の「大日本帝国」を理想とし、その「大日本帝国」よりも更に差別・排外的な社会を望んでいます。

船橋市で「外国人犯罪が増加」しているとありますが、犯罪を行うのは、外国人だけではなく、日本人も行っています。総数では日本人の方が遥かに多く、外国人の犯罪は日本人による犯罪の2%前後です。
にも関わらず、「外国人犯罪」のみを取り上げるのは、差別以外のなにものでもありません。

「日本人の安心して暮らせる」ともありますが、日本人も外国人も、誰にとっても安心して暮らせる社会であれば、犯罪の発生率も低くなるのではないでしょうか。

犯罪による被害者・加害者をなくしていく為には、問題を外国人に限定する差別と偏見をやめ、誰であろうと犯罪に到らないよう未然に防ぐ環境を作るために話し合い、共に暮らしていく事を模索していく事ではないでしょうか。

このような差別デモに反対する街頭行動を行います。

今回の差別デモでは、「外国人犯罪」についての偏見(デマ)に関するフライヤーを配布します。
当日は、沿道で差別デモの周知用フライヤー(一部追記しました)と共に配布する予定です。
周知用フライヤーとの両面印刷もできます(手順は下の方に記載)。
ご都合のつく方はぜひご協力ください。

●「外国人犯罪」への偏見(デマ)に関するフライヤー
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2014/06/dema_a2.pdf (PDF)
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:23993850 期限:7月6日
dema_a2

[日時]
6月29日(日)、13時45分頃~

[場所]
西船橋駅の最寄り、海神南広場(船橋市海神町西1-1124)付近。
南口を出て左に線路沿いを進み、セブン-イレブンを過ぎた陸橋の近く。

[Map]
http://goo.gl/FzizX7
差別デモは14時出発予定。

[行動内容]
・反対するプラカード掲示
・沿道での周知&フライヤーの配布
・周知型コール (「差別・排外デモ、街宣に反対しています」、「ヘイトをやめろ」、「差別をやめろ」、etc.)
・ヘイトの記録

https://antiracismproject.wordpress.com/stact/  [街頭行動]

現地での状況は、twitter上で報告する予定です。
http://twitter.com/a_r_project  [twitter]

【プラカード】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 32249426 有効期限:7月6日

【周知用プラカード-1 (全般)・ver.5】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 61167244 有効期限:7月6日

【周知用プラカード-2・改】 「差別デモに反対してます」
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 95743089 有効期限:7月6日

【周知用フライヤー(PDF)】
●移民・移住者ver.6
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2014/06/flier_b6_f.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 95247716 有効期限:7月6日

●周知用フライヤー 移民・移住者版 v6 &「外国人犯罪」への偏見(デマ)の両面版
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2014/06/flier_b6_dema_a2.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:49059411 期限:7月6日
flier_b6_dema_a2
○セブン-イレブンでのマルチコピー機による、ネットプリントでの両面印刷方法

1. タッチパネルで「ネットプリント」を選択
2. 8桁のプリント予約番号を入力
3. プレビュー表示後、画面の指示に従って進み、
4. 2枚を1枚[しない] → 両面[長辺とじ] → 決定 → コピースタート

○セブン-イレブンのマルチコピー機での両面印刷方法
※ネットプリントでの両面印刷よりも、こちらでの両面印刷の方が安く印刷できます。

タッチパネルで「コピー」を選択 → いろいろコピー → 両面 → 白黒 → A4 → 縦原稿・左右開き → 原稿読み取り(表裏) → コピースタート

●プラカードや周知用フライヤーの一部は、まとめて下のリンク先に置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

[街頭行動]
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/  

反対行動に、ご協力して頂ける方も募集しておりますので、ご連絡ください。
街頭でも、お気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

[注意事項]
・デモ及び、デモ参加者と適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

[参考]
今回の差別・排外的街宣の呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=477

【6/26】 『河野談話検証結果に対する声明』 日本軍「慰安婦」問題解決全国行動

河野談話検証結果に対する声明

安倍首相は被害者が望む解決策を示すため知恵を絞れ

安倍政権は6月20日、河野談話作成過程に関する検証結果を発表した。報告書によると、韓国政府は「内容は日本政府が自主的に決めるものであり、交渉の対象にする考えは全くない」という考えを表明しており、日本政府も「歴史的事実を曲げた結論を出すことはできない」という姿勢を貫いている。このような基本姿勢に立って、双方が問題解決のため外交努力をした痕跡が見てとれる。外交当局としては当たり前のことをしていたという予想どおりの結果といえよう。

1.河野談話は、収集された資料等に基づいて、日本側の判断で書かれていたことが明確になった。

「談話の原案は、聞き取り調査(1993年7月26日~30日)の終了前の遅くとも1993年7月29日までに、それまでに日本政府が行った関連文書の調査結果等を踏まえて既に起案されていた」と報告書は述べている。

「慰安婦」被害者への聞き取り調査については、「事実究明よりも、日本政府の真摯な姿勢を示すこと、元慰安婦に寄り添い、その気持ちを深く理解することにその意図があった」とし、「聞き取り調査が行われる前から追加調査結果もほぼまとまっており、聞き取り調査終了前に既に談話の原案が作成されていた」ことが明らかにされた。

「元慰安婦16人の証言だけに基づいて募集時の強制を認めた」と決めつけ、談話の検証と見直しを求めてきた勢力の論拠が見事に覆されたのである。

報告書は「日本側では、加藤官房長官発表以降も引き続き関係省庁において関連文書の調査を行い、新たに米国国立公文書館等での文献調査を行い、これらによって得られた文献資料を基本として、軍関係者や慰安所経営者等各方面への聞き取り調査や挺対協の証言集の分析に着手しており、政府調査報告も、ほぼまとめられていた」としている。

「業者に対しても軍の『指示』があったとの表現」を韓国側が求めたのに対して最後まで日本側が受け入れない等、最終的に談話の文言は、収集された資料等に基づいて、日本側の判断で書かれていたことが、より明確になった。

2.日本軍「慰安婦」問題の本質的な問題は「強制連行」ではない。

「一連の調査を通じて得られた認識は、いわゆる「強制連行」は確認できないというものであった」と報告書は述べている。

しかし、河野談話の根拠となった公文書の中には、当時法務省が所蔵していた「バタビア臨時軍法会議の記録」があり、そこには「ジャワ島セマランほかの抑留所に収容中であったオランダ人女性らを慰安婦として使う計画の立案と実現に協力した」「部下の軍人や民間人が上記女性らに対し、売春をさせる目的で上記慰安所に連行し、宿泊させ、脅すなどして売春を強要するなどした」等の記述がある。これは、安倍首相の言う「狭義の強制連行」をも立証するものである。

朝鮮半島からの連行については「狭義の強制連行」を示す公文書が見当たらなかったという理由で、「強制連行は確認できない」という結論を導いているが、これは当時から日本政府が「官憲による暴力・脅迫を用いた連行」のみを「強制連行」と位置づけていたことを示している。このような見方が現在も日本軍「慰安婦」問題の本質を伝える上で障害になっていることを考え合わせると、当初からの政府の認識が現在の混乱を招いたともいえる。改めて言うが、誘拐・拉致・人身売買なども本人たちの意に反した連行であり、強制連行以外の何ものでもない。

さらに重要なことは、日本軍「慰安婦」制度の本質が連行の強制性にあるのではなく、女性たちを居住の自由、外出の自由、廃業の自由、拒否する自由のない強制的な状況の下に置いて、戦争遂行の道具と見なした人権侵害行為にあったという点である。

これは、すでに国際的常識であり、たとえ「狭義の強制連行」がなかったことを立証できたとしても、世界の認識は変わらない。むしろ、これを主張することによって、日本は21世紀の今日に至ってもなお人権意識のない国と世界から見られてしまうのである。

「日本の名誉を著しく毀損」しているのは河野談話ではなく、「強制連行はなかった」と主張して人権意識のなさをさらけ出している人々である。むしろ、河野談話はかろうじて日本の面目を保っている貴重な財産というべきであろう。

3.安倍首相は近隣諸国との関係改善のため努力せよ。

今、改めて思う。安倍政権がこの検証を通して得たかったものは、一体何だったのだろうかと。結果の如何に関わらず見直しはしないという前提で、作成過程のみを対象におこなわれた検証は、当初から目的が何なのか首をかしげざるをえないものだった。

報道によると、事前に当時のやりとりを読んでいた首相は、「当時の外交交渉を明らかにすることで、朴大統領が慰安婦問題で日本に『誠意ある措置』を求め続けるのは『議論の蒸し返しだ』とアピールする狙い」を持っていたという。また、ある政府高官は「当時はお互いに了解し、未来志向のため政治決着したことを確認するものだ」と「期待」を示したという。

これが本当だとしたら、その幼稚な発想に呆れてしまう。大人なら、相手との関係をスムーズにするために、何をすればいいかと知恵を絞るものだ。これは、過去の言質をつきつけて、相手をぎゃふんと言わせて黙らせようとする、子どものけんかレベルの話である。

韓国政府は20日、早速遺憾の意を表明した。当然である。日本側からの提案でやりとりを伏せていたのに、日本側が一方的に約束を破ったのだ。韓国政府は「検証結果の細部の内容に対するわれわれの評価と立場を別途明らかにし、国際社会と共に適切な措置をとる」と言明した。黙らせるどころか、逆に火を付けた格好だ。

思えば、これは安倍政権の一貫した外交姿勢である。就任後、韓国および中国との二国間首脳会談がなかなか実現できない安倍首相は、「わが方は対話を呼びかけている」と強調する一方で、侵略否定発言、靖国神社参拝など次から次へと相手が会談に応じられない条件づくりをしてきた。今回も、やっと日韓局長級協議が始まり軌道に乗ろうとするタイミングで、この所作である。相手が応じにくい条件をつくっておいて「呼びかけ」、「わが方は努力している」と胸を張って見せる。これではいつまで経っても、近隣諸国との関係はうまくいかない。

4.第12回アジア連帯会議の提言を受け入れ、一日も早く日本軍「慰安婦」問題を解決せよ。

私たちは、被害国7ヵ国と共に、第12回アジア連帯会議を開き、日本軍「慰安婦」問題の全体的解決のための提言をまとめて、6月2日、日本政府に手渡した。また、この提言で認めるべきとした事実を裏付ける資料53点と、河野談話発表後に民間の努力で発掘された公文書等の資料529点も合わせて提出した。

これらの資料を適正に検討すれば、河野談話の段階では認めなかった事実、すなわち「業者に対しても軍の『指示』があった」こと等を明確に認めることができるはずだ。被害者たちは、河野談話が曖昧にした日本政府と軍の責任をより明確にし、事実をより具体的に認めて謝罪し、賠償することを願っている。つまり、河野談話を見直すのではなく、維持発展させることで、日本軍「慰安婦」問題の最終的解決をはかることができるのである。

安倍首相は、第12回アジア連帯会議の提言を真摯に受け止め、高齢化した被害者たちをこれ以上待たせることなく、被害者に受け入れられる真の解決策を一刻も早く示すよう改めて要求する。

2014年6月26日
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動

カテゴリー: News

6.21 差別街宣反対行動 at 新大久保

本日、6月21日(土)の11時から、新大久保駅の喫煙所近くで、差別・排外的な街宣とヘイト・スピーチ規制法に反対するという名目の署名活動が予定されています。

主催者が、新大久保で街頭演説を行う理由を引用します。
以降、※の後の「」内が、主催者が書いたものからの引用になります。

※ 「大型マイクロバスの宣伝車を大久保通りから明治通り、職案通り、区役所通り、風鈴会館から歌舞伎町マンモス交番前を通り新宿ぺぺや靖国通りと『不良外国人追放』『大久保、歌舞伎町から外国人犯罪を無くせ!!』と訴え掛けていたのである。
 それに大きな声援を送り、手を振って応えてくれたのは新大久保界隈の朝鮮人商店のオモニであった。
(中略)
 だから愚生が真実を言ってやるのである。」

街宣車での流し街宣と駅前での街宣は、そもそも違います。
流し街宣に手を振って応えてくれた人が、駅前での街宣に賛同するかは、また別の話です。
それに、日本において、外国人だけの犯罪を取り上げ、日本人の犯罪を取り上げないのは、差別です。
そして誰が賛同しようと、その主張内容が差別である事には変わりません。

新大久保は、コリアンタウンとも呼ばれていますが、そこには、日本人、在日コリアン、韓国からのニューカマーだけでなく、中国や台湾、インド、タイ、フィリピン等、様々な人が居住しています。
そこで上記のような街宣をする事に、何の意味があるのでしょうか。
行われるべきは、犯罪に到らないよう未然に防ぐ環境を作るために話し合い、そして共に暮らしていく事ではないでしょうか。

それに今回、街宣をする内容は、「拉致問題、竹島問題、慰安婦問題、創氏改名から通名問題、不逞鮮人の様々な犯罪事件など」や「在日特権」についてであり、先にあげた流し街宣の内容以外のものが主である事からも、上記を理由とした便乗街宣といえるのではないでしょうか。

※「戦後のタブーの一角である在日朝鮮問題を正しく批判することは差別なのか?」

「正しく批判」とは何でしょう。
そこにあるのは偏見であり差別です。
いわゆる「在日特権」などありません。
「不逞鮮人」という呼称一つ取り上げても、それが差別である事は明白でしょう。
タブーなのは差別をする事です。
タブーとされている事を批判したいのではなく、差別をしたい理由を探して、それをタブーであるとしているように思えます。
戦前・戦中・戦後の今も続く、「批判」という名目で「差別」を正当化する事はもう終わりにするべきです。

ヘイト・スピーチ規制法に反対する署名活動をするのは自由です。
しかし、その前提として、ヘイト・スピーチは差別を煽動する表現であり、認められないものであるというのが前提としてなければ、それは差別する自由を認めるための署名活動に他ならないでしょう。

※「ここでヘイトスピーチを定義させていただく。ヘイトスピーチとは憎悪発言であって差別の意味では無い。」
いいえ。明確に差別するという意味があります。

自由権規約20条。
『差別、敵意又は暴力の扇動となる国民的、人種的又は宗教的憎悪の唱道は、法律で禁止する。』

※「言論に言論で返すのであれば所定のルールを定めますのでマイクを握ってもらっても結構です。」

このように書かれてもいますが、ヘイト・スピーチは、「差別煽動表現」であり「言論」ではありません。
差別を助長する土俵上に乗るつもりはありません。

そして「追記」・「要確認」として、

※「もしも『新大久保で行う署名活動の街頭演説』がカウンター側が大挙して開催不可能な状況になったら素直に帰ります。そして次週に再度告知して行うことにしました。出来るまで何度でも挑戦しますよ!!」

これは、新大久保に住む人達、お店を営む人達への明らかな嫌がらせ行為となります。
新大久保の街を、自分の主張のために利用するのは、慎むべきです。

今回、街宣が行われる時間は、ランチタイムで人通りも多くなる時間帯です。
街宣内容やこれまでの発言から、新大久保という場所での今回の街宣は、差別と嫌がらせ目的に見えます。

本日、新大久保での街宣を行わないよう、真摯に求めます。
もし行われるのであれば、速やかにやめるよう、同様に真摯に求めます。

新大久保で予定通り、差別・排外的な街宣が行われる場合は、反対する街頭行動を行います。

反対行動は、平和的かつ人権を尊重しつつ(全ての人に基本的人権は存在する事を前提に)行います。

喫煙所の周辺は商店が並んでいます。
営業に支障が出るような形態での行動は行いません。

[日時]
6月21日(土)、11時~

[場所]
JR新大久保駅改札出口右側・喫煙所付近

[行動内容]
・反対するプラカード掲示
・沿道での周知&ビラの配布
・反論(相手側のマイクは借りません)
・ヘイトの記録

https://antiracismproject.wordpress.com/stact/  [街頭行動]

現地での状況は、twitter上で報告する予定です。
http://twitter.com/a_r_project  [twitter]

【プラカード】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 42003862 有効期限:6月28日

【周知用プラカード-1 (全般)・ver.5】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 75636885 有効期限:6月28日

【周知用プラカード-3・改】 「差別街宣に反対してます」
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 54429362 有効期限:6月28日

【周知用フライヤー・PDF&ネットプリント】

【周知用フライヤー(PDF)】
●通常ver.4
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_d4_f.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 35547433 有効期限:6月28日

●「外国人犯罪」への偏見(デマ)に関するフライヤー
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2014/06/dema_a2.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:87872996 期限:6月28日

●周知用フライヤー・通常版&「外国人犯罪」への偏見(デマ)の両面版
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2014/06/flier_d_dema_a2.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:27565961 期限:6月28日
flier_d_dema_a2

・セブン-イレブンでのマルチコピー機による、ネットプリントでの両面印刷方法

1. タッチパネルで「ネットプリント」を選択
2. 8桁のプリント予約番号を入力
3. プレビュー表示後、画面の指示に従って進み、
4. 2枚を1枚[しない] → 両面[長辺とじ] → 決定 → コピースタート

・セブン-イレブンのマルチコピー機での両面印刷方法

タッチパネルで「コピー」を選択 → いろいろコピー → 両面 → 白黒 → A4 → 縦原稿・左右開き → 原稿読み取り(表裏) → コピースタート

[街頭行動]
プラカードや周知用フライヤーの一部は、まとめて下のリンク先に置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

反対行動に、ご協力して頂ける方も募集しておりますので、ご連絡ください。
街頭でも、お気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

[注意事項]
・街宣及び、スピーカーと適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

[参考]
今回の差別・排外的街宣の呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=497
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/

【6/20~22】 歴史NGO大会in東京 1965年日韓協定体制の克服と東アジアの平和

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  歴史NGO大会in東京 

  1965年日韓協定体制の克服と東アジアの平和

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 来年2015年は日韓国交正常化から50年目の年となります。1965年の日韓基本条約・請求権協定の締結は、植民地支配の責任、被害者への個人補償などの問題を棚上げにし、韓国のみを朝鮮半島における唯一の正当な国家としたため、今日に多くの課題を残しました。
 私たちは、2015年をこうした諸問題を解決する契機の年とするため、つながり直し、つまり、新たな日韓関係の再構築を提起します。「日韓つながり直しキャンペーン2015」の2015年に向けての「中間集約点」として、「歴史NGO大会in東京~1965年 日韓協定体制の克服と東アジアの平和」を開催致します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

6月20日(金) 15時~16時30分 院内記者会見 @衆議院第1議員会館 国際会議室

6月21日(土) 10時30分~17時30分  @在日本韓国YMCA スペースY+9階大会議室(終日)

6月22日(日) 10時~15時30分  @在日本韓国YMCA スペースY+304・305号室(終日)+2階会議室 (午後)

在日本韓国YMCA地図 http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/map1.htm
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
主催 日韓つながり直しキャンペーン2015
   東アジアの平和のための歴史NGOフォーラム
   韓日市民宣言実践協議会
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
連絡先 「日韓つながり直しキャンーペン2015」(ピースボート気付)
   TEL:03-3363-7561, FAX:03-3363-7562,
  E-mail:nikkan2015@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【プログラム】
6月20日(金) 記者会見@衆議院第1議員会館国際会議室
      「日韓国交正常化から50年に向けて、日韓関係の再構築を考える」

14:30   衆議院第1議員会館ロビーにて入館証を配布
15:00   記者会見
        矢野秀喜(「日韓つながり直しキャンペーン2015」事務局長)
        張完翼(弁護士/民弁・過去事委員会委員長)
        ガヴァン・マコーマック(オーストラリア国立大学名誉教授)
        エラザ・バルカン(コロンビア大学教授)
        ※その他、日韓の国会議員が出席されます

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

6月21日(土) 開場10:00 開会10:30 @韓国YMCA スペースY 

  ・日韓各実行委員会から挨拶
   韓国側-東アジアの平和のための歴史NGOフォーラム代表
       日韓市民共同宣言実践協議会共同代表  
   日本側-つながり直しキャンペーン2015共同代表  

〔基調講演〕
・基調講演:「国交正常化から50年-日本と日本人に問われていること」
       (日本)内海愛子(恵泉女学園大学名誉教授)    
・基調講演:「戦後東アジアの実情と日韓協定-韓国市民社会の努力と課題」
       (韓国)李長熙さん(韓国外国語大学教授)   
・基調講演:「戦後東アジアの中の日韓関係-問い直される1965年国交正常化」
       (豪州)ガヴァン・マコーマック(オーストラリア国立大学名誉教授)
・基調講演:「国際的観点から見た日韓歴史葛藤-どう克服するか」(仮題)
       (米国)エラザ・バルカン(コロンビア大学教授)  

(昼食休憩)  (13:00~14:00)

〔シンポジウム〕 (14:00~17:30)
「『1965年体制』-終わりの始まり 
 日韓基本条約・請求権協定-何を解決し、何を残したか?」

  ・パネリスト報告-
        金昌禄(慶北大学教授)
        金承銀(民族問題研究所研究員)
        吉澤文寿(新潟国際情報大学教授)
        梁澄子(日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表)
ファシリテーター 庵逧由香(立命館大学准教授)
 ・質疑応答+討論                        
     
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

6月22日(日) 10:00~15:30
〇会場:韓国YMCA 304会議室、305会議室
〇通訳:日⇔韓、日⇔英、英⇔韓とも逐次

第1分科会 (スペースY) 10:00~12:15
植民地主義清算 《前半》
司会進行 野平晋作(ピースボート)

▽諸懸案事項についての報告
・強制労働(元徴用工等)問題
 張完翼(弁護士/民弁・過去事委員会委員長)
 山本直好(日本製鉄元徴用工裁判を支援する会)

・日本軍「慰安婦」問題
 ハン・クグヨム(韓国挺身隊問題対策協議会共同代表)
 渡辺美奈(wam「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)

・ヤスクニ・ヘイトスピーチ問題
 辻子実(ヤスクニ・キャンドル行動実行委員会共同代表)
 安田浩一(ジャーナリスト)

・請求権問題の法的整理
 川上詩朗(弁護士)

《後半》 (スペースY) 13:30~15:30
司会進行 金朋央 (コリアNGOセンター)

 ▽諸懸案事項についての報告
 ・ヘイトスピーチ問題-前田朗 (東京造形大学教授)
 ・朝鮮学校無償化排除-長谷川和夫 (高校無償化からの朝鮮学校排除) 
 ・サハリン残留問題-李恩暎 (地球村同胞連帯KIN)
 ・関東大震災朝鮮人虐殺問題-キム・ジョンス (牧師)

 ▽質疑応答

 ▽2015年に向けての討論
 
 ▽総括発言・まとめ
 ・各報告者+司会

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第2分科会(304会議室)-
「歴史修正主義に立ちむかう-歴史教育と教科書問題」
・報告
(1)2014年の日韓歴史教科書の政治性 シン・ジュベック (延世大学国学研究院教授)
(2)日本の歴史教科書の問題点とNGO  伊賀正浩 (大阪・小学校教員)
(3)共同歴史教材の現状とそれを活かした実践授業 桜井千恵美 (神奈川県中学校教員)

・討論及び質疑応答-報告者同士の討論、
 Jonathan Even-Zohar(オランダ、ユーロクリオ事務局長)も討論に参加。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第3分科会(305会議室)-「歴史葛藤の克服に向けてのNGOネットワーク」
・内容-
(1)韓-日における歴史和解のための市民社会の活動と国際ネットワーク戦略
      韓国:ヤン・ミガン歴史NGOフォーラム運営委員長
      日本:飛田雄一・神戸学生青年センター

(2)東南アジアの地域共同発展における歴史葛藤の克服事例:市民社会の参加と寄与
(報告:Ms.Yuyun Wahyuningrum Senior Advisor on ASEAN and Human Rights,タイ)

(3)日韓歴史葛藤を乗り越えるための東南アジアNGOとの協力と寄与方案
(報告:Bernard.karganilla  Professor of Graduate Program in Managementat University of Philippines Manila, フィリピン)

(4)ヨーロッパの事例を通じてみた韓‐日歴史和解の可能性と限界:国際ネットワーク間の協力戦略
(報告:Jonathan Even-Zohar EUROCLIO Secretariat Director, オランダ)

・ラウンドディスカッション
エラザ・バルカン、Aigul Kulnazarova(多摩大学・国際政治歴史学者)、飛田雄一(神戸青年センター)、その他

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■サイド・イベント(10:00~18:00)

「宣伝映画から読み取る宣伝映画」 / 9階大会議室 10:00~12:00 / 16:00~18:00
日中韓高校生歴史サミット(クローズド) / 9階大会議室 13:00~16:00
青年フォーラム(クローズド) / 304会議室 13:00~15:00

※写真展 / 9階大会議室
-「戦後69年、未解決の韓国・朝鮮人BC級戦犯者問題
   -長すぎる当事者たちの苦難の歩みといま-」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
history_ngo_1history_ngo_2

6.8 差別デモ反対行動 in 銀座

6月8日(日)・15時半から銀座周辺で、在日朝鮮人(コリアン)や朝鮮総連・朝鮮学校に対する差別・排外的なデモ、いわゆるヘイト・スピーチ(差別煽動表現)デモが行われます。
大阪や広島・三重でも同日に、同趣旨の差別・排外デモが開催されます。

彼らは、「朝鮮総連と朝鮮学校を徹底的にぶっ潰す」、「なぜ“区別”されるのかを徹底的に教えてさしあげ」る等、差別を差別と思っていません。
朝鮮学校への襲撃事件も不当判決とし、正当化をしています。

このような差別・排外デモに反対する街頭行動を行います。

今回の差別・排外デモに当たり、「朝鮮学校無償化問題」に関するフライヤーを用意しています。
沿道で周知用フライヤーと共に配布する予定です。
ご都合のつく方はぜひご協力ください。
※予報は雨ですので、行動する際にはご注意ください。

【「朝鮮学校無償化問題」についてのフライヤー(A4・両面)】
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2014/06/flier_ks_fb.pdf (PDF)
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:20596421 期限:6月15日
flier_ks_fb

【周知用フライヤー・6.8 差別デモ&朝鮮学校(A4・片面)】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:55152060 期限:6月15日
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_kr_b.pdf
flier_kr_b

[日時]
6月8日(日)、15時15分頃~

[開始場所]
「銀座通り口」交差点
(最寄り駅:有楽町線・銀座一丁目)

ヘイト・スピーチデモは、水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)を、15時半に出発予定。

[行動内容]
・沿道での周知&ビラの配布
・反対するプラカード掲示
・周知型コール
・ヘイトの記録

https://antiracismproject.wordpress.com/stact/  [街頭行動]

現地での状況は、twitter上で報告する予定です。
http://twitter.com/a_r_project  [twitter]

http://goo.gl/Go2ONI [予想ルートMap]
水谷橋公園 →外堀通り→ 日比谷公園

※予想です。外れたら申し訳ありません。

【プラカード】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 54585451 有効期限:6月15日

【周知用プラカード-1 (全般)・ver.5】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 44084221 有効期限:6月15日

【周知用プラカード-2・改】 「差別デモに反対してます」
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 70617390 有効期限:6月15日

【周知用フライヤー・PDF&ネットプリント】

●通常ver.4(A4・片面)
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_d4_f.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 41814986 有効期限:6月15日

●周知用フライヤー・朝鮮学校無償化問題(A4・両面)
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2014/06/flier_ks_fb.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:20596421 期限:6月15日

●周知用フライヤー・6.8 差別デモ&朝鮮学校(A4・片面)
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:55152060 期限:6月15日
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_kr_b.pdf

●周知用フライヤー・通常版+6.8 差別デモ&朝鮮学校(A4・両面)
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_d4_kr.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:27948913 期限:6月15日
flier_d4_kr

・セブン-イレブンでのマルチコピー機による、ネットプリントでの両面印刷方法

1. タッチパネルで「ネットプリント」を選択
2. 8桁のプリント予約番号を入力
3. プレビュー表示後、画面の指示に従って進み、
4. 2枚を1枚[しない] → 両面[長辺とじ] → 決定 → コピースタート

・セブン-イレブンのマルチコピー機での両面印刷方法

タッチパネルで「コピー」を選択 → いろいろコピー → 両面 → 白黒 → A4 → 縦原稿・左右開き → 原稿読み取り(表裏) → コピースタート

[街頭行動]
プラカードや周知用フライヤーの一部は、まとめて下のリンク先に置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

反対行動に、ご協力して頂ける方も募集しておりますので、ご連絡ください。
街頭でも、お気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

[注意事項]
・デモ及び、デモ参加者と適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください
・平和的に人権を尊重しつつ活動します。

[参考]
今回の差別・排外デモの呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=476

6.1 差別デモ反対行動 in 新宿

6月1日(日)に、新宿で差別・排外デモが行われます。
主催である「日本人差別をなくせデモ実行委員会」は、これまで新大久保や足立、銀座や浅草などで、差別・排外デモを行っています。

今回は、「犯罪害国人は出て行け!デモin新宿」というもので、デモの趣旨そのものがヘイト・スピーチ(差別煽動表現)です。

この中で書かれている「日本が大嫌いな害国人」というのも不明ですが、ネットやメディアなどで喧伝されている、現実としてはありもしない「外国人像」を、そのまま信じてしまっているように思います。
好き嫌いという他者の感情を勝手に決めつけ、単純な二分法で善悪の判断基準にするのも、思考停止しています。

何であっても差別・排外行為を正当化する理由にはなりません。

そして、「まだデモ行進に参加した事がない人」「デモに参加したいが、ためらってしまっていた人」の参加も大歓迎と書いています。
差別・排外デモへ参加する事が、そもそも間違っていますし、当然「勇気を出して」するものでもありません。
今、行わなければならないのは、差別や排除が行われている被害当事者の身になり、反対して止める事です。

このような差別・排外デモに反対する街頭行動を行います。

今回の差別・排外デモに当たり、「外国人犯罪」についての偏見(デマ)に関するフライヤーを作成しています。
当日は、沿道で周知用フライヤーと共に配布する予定です。
周知用フライヤーとの両面印刷もできます(手順は下の方に記載)。
ご都合のつく方はぜひご協力ください。

今こそ、街頭やネットも含めたあらゆる場所で、差別に反対という声を。
誰もが差別される事のない社会にしていくために。

【「外国人犯罪」への偏見(デマ)に関するフライヤー】
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/dema_a.pdf (PDF)
dema_a

[日時]
6月1日(日)、14時45分頃~

[開始場所]
「新宿一丁目北交差点」付近。

最寄り駅・新宿御苑前駅、新宿三丁目駅。
http://www.tokyometro.jp/station/shinjuku-sanchome/map/index.html [新宿三丁目駅周辺地図]

http://goo.gl/7i9JVq [反対行動開始場所&予想ルートMap]

ヘイトスピーチデモは、花園西公園(新宿1-32)を、15時に出発予定。

[行動内容]
・沿道での周知&ビラの配布
・反対するプラカード掲示
・周知型コール
・ヘイトの記録

https://antiracismproject.wordpress.com/stact/  [街頭行動]

現地での状況は、twitter上で報告する予定です。
http://twitter.com/a_r_project  [twitter]

http://goo.gl/7i9JVq [予想ルートMap]
・予想ルート-1
花園西公園 →新宿一丁目北交差点→ 靖国通り →新宿大ガード西交差点→ 柏木公園

・予想ルート-2(Mapには未記載)
花園西公園 → 靖国通り → 新宿西口駅前 → JR新宿駅南口前 → 明治通り → 靖国通り → 花園西公園

※予想です。外れたら申し訳ありません。

【プラカード】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 02877259 有効期限:6月7日

【周知用プラカード-1 (全般)・ver.3】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 56143355 有効期限:6月7日

【周知用プラカード-2・改】 「差別デモに反対してます」
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 71823922 有効期限:6月7日

【周知用フライヤー・PDF&ネットプリント】

●通常ver.4
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_d4_f.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 85597632 有効期限:6月7日

●移民・移住者ver.4
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_b5_f.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 46296270 有効期限:6月7日

●「外国人犯罪」への偏見(デマ)に関するフライヤー
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/dema_a.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:59518530 期限:6月7日

【周知用フライヤー・両面版・PDF&ネットプリント】

●周知用フライヤー・通常版&「外国人犯罪」への偏見(デマ)の両面版
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_d_dema_a.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:22249132 期限:6月7日
flier_d_dema_a
●周知用フライヤー・移住者版&「外国人犯罪」への偏見(デマ)の両面版
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_b_dema_a.pdf
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号:54370888 期限:6月7日
flier_b_dema_a
・セブン-イレブンでのマルチコピー機による、ネットプリントでの両面印刷方法

1. タッチパネルで「ネットプリント」を選択
2. 8桁のプリント予約番号を入力
3. プレビュー表示後、画面の指示に従って進み、
4. 2枚を1枚[しない] → 両面[長辺とじ] → 決定 → コピースタート

・セブン-イレブンのマルチコピー機での両面印刷方法

タッチパネルで「コピー」を選択 → いろいろコピー → 両面 → 白黒 → A4 → 縦原稿・左右開き → 原稿読み取り(表裏) → コピースタート

[街頭行動]
プラカードや周知用フライヤーの一部は、まとめて下のリンク先に置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。
https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

反対行動に、ご協力して頂ける方も募集しておりますので、ご連絡ください。
街頭でも、お気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

[注意事項]
・デモ及び、デモ参加者と適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください
・平和的に人権を尊重しつつ活動します。

[参考]
今回の差別・排外主義の集会&デモの呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=472