【5/31~6/5】 第12回 日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議 安倍政権の暴走を許さない! 世界は「慰安婦」問題の解決を求めている!

***********************************
第12回 日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議
安倍政権の暴走を許さない!
世界は「慰安婦」問題の解決を求めている!
***********************************

■ 2014年5月31日(土)、13:30~17:30 (開場12:30) 
アジア連帯会議(在日本韓国YMCA地下スペース)

※事前予約が必要です。個人賛同金(1口2000円)をお振り込みの上、
 メールで お申し込みください。定員になり次第、締め切らせていただきます。
当日参加費 2000円
資料集代  1000円を当日、別途いただきます。

■ 2014年6月2日(月)
    12:30~スタンディングデモ(衆議院第二議員会館前)
  14:00~17:00 院内での催し(衆議院第一議員会館大会議室) 
   ※13:30から入館証を配布します。
  資料代 1000円

■ 2014年6月3日~5日 大学および各地で証言集会

<アジア連帯会議プログラム>
被害者からの訴え
各国報告
・日本から基調提案
・国際情勢と国際連帯運動の現状
・被害国(7ヵ国)から 
― 被害者が望む解決とは、被害者と支援運動の現状

安倍政権は「戦争ができる国」へと危険な暴走を続けています。
これを何としても止めたいと、アジア各地から日本軍「慰安婦」被害者と支援者が東京に駆けつけます。
第12回アジア連帯会議では、被害者が望む解決とは何なのか、改めて確認した上で、日本政府に対する提言をまとめる考えです。また、最終日には国会で催しを開き、アジア連帯会議の結果を発表し、政府に提言を手渡す予定です。
昨年、日本に初めて被害の実態が知らされたインドネシアのスラウェシからミンチェさんが初来日する他、韓国、フィリピンからも被害者が、そして中国からは遺族がいらっしゃいます。日本政府に直接、解決を促したいと、最後の力を振り絞って来日する被害者たちを共に迎えてください。
 
アジア各国から被害者・支援者を招請する会議・集会には多大な費用がかかります。
今、本当に必要な取り組みです。
みなさまのご支援、ご協力を心よりお願いいたします。
●団体賛同 1口5,000円    
●個人賛同 1口2,000円
  ※複数口での賛同、大歓迎です! よろしくお願いいたします。
  ※入金控えをもって、領収書に代えさせていただきます。
<振込先>郵便振替口座 [口座番号] 00150-6-360084
                  [口座名] アジア連帯会議
*資料に賛同者の名前を掲載する予定です。振込の際、お名前の公表の可、不可に必ず○囲みをしてください。
主催:第12回 日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議実行委員会
問い合わせ:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F アクティブ・
ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 (wam) 気付
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
e-mail:ianfu-kaiketsu@freeml.com
12th_Asia_Solidarity_F

広告