【4/20】 拉致被害者奪還を名目にした「戦争煽動デモ」、及び「歴史修正主義&差別」デモについて

本日行われる、拉致被害者奪還を名目にした「戦争煽動デモ」、及び過去に日本が行った侵略・植民地支配を否定し、アドルフ・ヒトラーをの生誕を祝い、ナチスドイツの名誉を取り戻すという「歴史修正主義&差別デモ」に反対する旨を記しておきます。

1、拉致被害者奪還を名目にした「戦争煽動デモ」について

本日、4月20日に、「『返さなければ戦争だ!』拉致被害者全員奪還国民大行進」と称して、拉致被害者奪還国民大行進実行委員会による街宣と、戦争を煽動するデモ行進が、浅草で行われます。
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=417

「対北朝鮮交渉による拉致問題解決」は、『不正義の平和』による解決で、『不正義の平和より正義の戦争』をと「戦争だ!」の趣旨を述べていますが、それは「正義の戦争」などではなく、侵略戦争以外の何ものでもありません。
「『正義の戦争=人道軍事制裁』の名の下、打倒する事に何を躊躇う必要があるのか?」ともありますが、そこで失われるであろう多数の命が、拉致被害者や共和国人民、韓国、そして日本に住む人々である事を想定しているのでしょうか。

朝鮮学校などへの事実と異なる批判も、偏見に基づくものと言えます。
日本政府による植民地支配の精算が、未だに行われていない事も忘れてはいけません。

これは拉致被害者の奪還や人道問題を名目にした、戦争をしたいだけの街宣とデモである事は明白です。

2、過去に日本が行った侵略・植民地支配を否定し、アドルフ・ヒトラーをの生誕を祝い、大日本帝国とナチスドイツの名誉を取り戻すという「歴史修正主義&差別デモ」について

本日、4月20日に、「支那朝鮮のいない大東亜共栄圏実現・国民大行進!」と称して、護国志士の会による歴史修正主義&差別デモが、池袋で行われます。
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=420

このデモの主催者及び協賛団体は、過去にもハーケンクロイツを掲げて、西川口・蕨でのヘイトスピーチフリータイムデモ、葛西でのジャパニーズオンリーデモを行っています。

今回も又、アドルフ・ヒトラーの生誕を祝い、大日本帝国とナチスドイツの名誉を取り戻すと謳っています。

大東亜共栄圏の名の下に行われたのは、決して独立・解放などではなく、侵略戦争を続けるための資源の獲得であった事は、周知の事実です。

日本が、朝鮮半島を植民地支配し、中国を侵略しておきながら、「恩を仇で返し続けている」という過去の歴史への反省の欠片すらない認識と、福沢諭吉の「脱亜論」におけるレイシズムを未だに賞賛している姿は、このデモのみならず、残念ながら今の日本社会において少数とは言えないように思います。

本日は、この2つのデモに対し反対行動を呼び掛けて実行する事はしませんが、この一文を掲載し、戦争の煽動、差別と歴史修正主義に反対する旨を表明しておきます。

今後も可能な限り、差別・排外・歴史修正主義を謳うデモへの反対行動を呼び掛け、平和的に人権を尊重つつ活動していきます。

NO HATE
NO RACISM
NO REVISIONISM

2014年 4月20日
Anti-Racism Project

広告