【12/22・東京】 講演会 「朝鮮学校差別の歴史を検証する~戦後日本の在日朝鮮人政策と朝鮮学校」のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「朝鮮学校を知ろう!考えよう!応援しよう!キャンペーン」企画

講演会
「朝鮮学校差別の歴史を検証する
       ~戦後日本の在日朝鮮人政策と朝鮮学校」
                  のお知らせ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在、全国の在日朝鮮人大学生たちにより行われている「朝鮮学校を知ろう!考えよう!応援しよう!キャンペーン」の一環として、東京にて12月22日に講演会「朝鮮学校差別の歴史を検証する~戦後日本の在日朝鮮人政策と朝鮮学校」を以下のように行います。

「高校無償化」制度からの排除や、東京都を初めとした地方自治体の補助金支給停止など、ここ数年朝鮮学校に対する差別が激しくなっていますが、差別・排除の歴史は、朝鮮学校の草創期からずっと続いてきたものです。

今回は、朝鮮学校差別を歴史的に検証してみたいと思います。

是非、お越し下さい。

★講師:金東鶴氏(在日本朝鮮人人権協会副会長)

◆日 時:2013年12月22日(日)午後2時開会
(午後1時30分開場、午後4時終了予定)

◆場 所:台東区生涯学習センター 403企画室
*住所:〒111-8621 東京都台東区西浅草3丁目25番16号
*アクセス:地下鉄日比谷線・入谷駅徒歩8分
つくばエクスプレス線・浅草駅徒歩5分
JR山手線・京浜東北線・鶯谷駅徒歩約15分

◆参加費:無料

<主催>朝鮮学校差別に反対する在日朝鮮人大学生連絡会・東京
<連絡先>linkst1945@yahoo.co.jp

【12/14・東京】 国連・人権勧告の実現を!~すべての人に尊厳と人権を~(集会のお知らせ)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

国連・人権勧告の実現を!~すべての人に尊厳と人権を~

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2013年5月、国連社会権規約委員会と拷問禁止委員会の2つの審査があり、70にもおよぶ勧告がありました。

日本政府は、こうした勧告に対して、「従う義務なし」と閣議決定しました。日本には、差別、排外主義など人権課題が山積しています。

私たちは、こうした状況を多くの人に伝え、日本政府を動かしていくために、「国連・人権勧告の実現を!~すべての人に尊厳と人権を~」というキャンペーンを立ち上げることにしました。

12月6日に国会で採択されてしまった特定秘密保護法案についても、国連の人権理事会のフランク・ラ・ルー特別報告者とピレイ人権高等弁務官からも懸念が表明されていました。特定秘密保護法についても私たちは声をあげていきます。

来年1月25日には、大きな集会とデモの開催を予定しています。それに先だち、12月14日、このキャンペーンの旗揚げ集会を次の通り、行います。米国の反戦・反差別団体ANSWERの代表も来日し、このキャンペーンに連帯の挨拶をしてくださいます。ぜひともご参加をいただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
とき:12月14日(土)18:45?20:45(18:15開場)
場所:明治大学・リバティタワー6階1063号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【基調講演】
「国連人権勧告と日本」 荒牧重人(山梨学院大学教授)

【報告】
・朝鮮学校無償化排除問題
宋恵淑(在日本朝鮮人人権協会事務局)

・沖縄・アイヌ問題
上村英明(恵泉女学園大学教授/市民外交センター代表)

・国際社会から見た日本の人権状況
寺中誠(人権共同事務局長)

・日本軍「慰安婦」問題
渡辺美奈(女たちの戦争と平和資料館【wam】事務局長)

・国連人権理事会グローバー勧告を受けて
福島原発事故後の「健康の権利」と被災者支援を問い直す
伊藤和子(ヒューンマンライツ・ナウ事務局長)

米国の反戦・反差別団体「ANSWER」からの連帯アピール

*集会・デモのチラシはこちら (表面)(裏面) からダウンロードが可能です!ご自由にご利用ください◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催:「国連・人権勧告の実現を!」実行委員会/ 共催:社会思想史研究会
http://jinkenkankokujitsugen.blogspot.jp/
メール:jinkenkankokujitsugen@gmail.com ファックス:03-3819-0467
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ Anti-Racism Project (ARP) も、このアクションに賛同しています。

un_hr_f

un_hr_b

【12/7・東京】 『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』 出版記念 トーク集会

◆記念講演:「ヘイト・スピーチをのりこえる」
 辛淑玉(のりこえねっと共同代表)

◆連続トーク:「いま、何が求められているか」
 執筆者より:前田朗(東京造形大学教授)、師岡康子(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員)、李英哲(朝鮮大学校外国語学部日本語学科)、ほか数名予定

◎日時:
 12月7日(土)
 14時10分~17時 (開場14時05分)

◎会場:
 ハロー貸会議室永田町
 東京都千代田区平河町2-16-9 平河町KDビル3階
  ※東京メトロ半蔵門線、有楽町線、南北線、永田町駅4番出口徒歩2分

◎参加費:
 1,500円(『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』1冊付き)

[Link]
『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―』 前田朗編 執筆:前田朗/安田浩一/冨増四季/金東鶴/古川雅朗/岡本雅享/阿部ユポ/西岡信之/中村一成/鵜飼哲/坪川宏子/金尚均/師岡康子(掲載順) 三一書房

集会案内(PDF)

【講演会「朝鮮半島情勢を見る視座-なぜ日朝関係は停滞するのか?-」のご案内(12/1、東京)】

【講演会「朝鮮半島情勢を見る視座-なぜ日朝関係は停滞するのか?-」のご案内(12/1、東京)】

◆日 時:12月1日(日)
13時30分開場、14時開始(17時終了予定)

◆場 所:文京区民センター・2-A会議室
*住所:東京都文京区本郷4-15-14
*アクセス:都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩5分

◆参加費:学生-500円、一般-1,000円

★講演会内容★

<第1部>朝鮮民主主義人民共和国を訪ねて-朝鮮訪問記

① 「日朝友好大学生・教員訪朝団」報告
*講師:小峯茂嗣先生(大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教)

② 朝鮮に残る日本人の遺骨埋葬地調査から
*講師:水野直樹先生(京都大学教員)

<第2部>朝鮮半島情勢をどう見るか?

*講師:文泰勝先生(朝鮮大学校教員)

大学生による報告

▲展示会「知ろう!朝鮮学校」(朝鮮学校についての展示を行います。)

※朝鮮に残る日本人の遺骨埋葬地調査について

【共同通信】平壌郊外で共同調査 遺骨問題で日朝研究者(2013.8.28)
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082801001661.html

☆主催☆
東京大学日朝関係史研究会、上智大学在日コリアンサークル、朝鮮学校差別に反対する在日朝鮮人大学生連絡会・東京
(連絡先:linkst1945@yahoo.co.jp)

<企画趣旨>
日本と朝鮮半島の関係は今、決して良好な関係にあるとは言えません。
特に、日本と朝鮮民主主義人民共和国(以下、共和国)との関係は、2002年の小泉純一郎首相(当時)と金正日総書記(当時)が平壌で会談した日朝首脳会談以降、10年以上にもわたって最悪な関係が続くという異常事態となっています。
それに比べると日韓関係はまだましであるとは言え、いわゆる「従軍慰安婦」問題や独島(日本名:竹島)の領有権を初めとした日本の歴史認識の問題により、決して良好な関係にあるとは言えず、長きに渡り首脳会談が行われないという状況にあります。
また、日本には多くの在日朝鮮人が居住していますが、朝鮮学校に対する「高校無償化」制度からの排除問題や排外主義団体、レイシストらによるヘイトスピーチに見られるように、在日朝鮮人に対する差別は近年特に顕著になっています。
なぜ隣国であるにもかかわらず、日本と朝鮮半島の関係はこれほど悪化した状態が続くのでしょうか?
それは、日本の中に朝鮮に対する歴史的な認識が極端に欠如しており、それにより朝鮮半島に対して正しい視点を持つことが出来ていないことに大きな理由があると私たちは考えます。特に共和国に対する認識は、あまりにも偏見に満ちたものであると言わざるを得ません。
私たちは、いつまでもこのような日朝関係、日韓関係が続くことを望みません。朝鮮半島の南北和解が進むとともに、日本と朝鮮半島の関係が正常な関係、善隣友好関係へと戻ることを心から願っています。
そのような思いと現状認識から、私たちは「朝鮮半島情勢を見る視座-なぜ日朝関係は停滞するのか?-」と題して、このような企画を行うことにいたしました。
私たちは、「近くて遠い」と言われる日本と朝鮮半島の関係が「近くて近い」関係になる上において、この企画が一助となることを願っています。

12.1 Counter Action in GINZA

今回行われるデモの主催である「日本人差別をなくせデモ実行委員会」とは、
今年の新大久保で4度に渡りヘイトスピーチ・デモを実行し、先日は足立でも同様のデモを行った、街頭において差別・排外主義を喧伝する団体です。

呼び掛けの中に「単一民族国家 日本再興」とのプラカード写真もありますが、日本が単一民族国家というのは幻想であり神話でしかありません。
「仏様の様に心の広ーい日本の納税者」と書いている時点で、その方の心が全く広くない事も明らかです。
「生活保護費目当てに来日する、近隣諸国の不届き者共と一緒に生活なぞ出来るか!」という一文も、偏見に基づき事実と異なる差別発言であり排外主義です。

このような差別・排外主義に基づくデモに反対する街頭行動を行います。

NO HATE! NO RACISM!
STOP! 差別・排外主義

[日時]
12月1日(日)、13時15分頃~

[開始場所]
水谷橋公園(デモ集合場所)近く、「銀座通り口」交差点
予想デモルート地図の[3]の地点

http://chizuz.com/map/map154288.html
(「11.17 差別デモ in 銀座」の時のものを、そのまま流用)

[行動内容]
・デモに対して反対のプラカード掲示
・沿道での周知ビラの配布
・ヘイトの記録

デモの前後付近で、併走しながらの活動も予定しています。
前回の銀座デモでは、警察の警備がかなり厳しく、併走するのが難しい状況でした。
その場合、周知するフライヤーの配布を中心にした活動を行います。

[予想デモルート]
水谷橋公園→外堀通り→日比谷公園

http://chizuz.com/map/map154288.html
(「11.17 差別デモ in 銀座」の時ものを、そのまま流用)

予想です。外れたら申し訳ありません…。

【プラカード】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 87955432 有効期限:12月7日

【周知用プラカード】
セブン-イレブン・ネットプリント予約番号: 41656451 有効期限:12月7日

【周知用フライヤー(PDF)】

■通常Ver.
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_front2.pdf

■移民・移住者Ver.
https://antiracismproject.files.wordpress.com/2013/10/flier_b_front.pdf

※参考として掲載している、本・Webサイトが少し異なります。

プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

https://antiracismproject.wordpress.com/stact/

反対行動に、ご協力して頂ける方も絶賛募集しております。
ご連絡お待ちしています。街頭でも、お気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

[注意事項]
・安全を最優先に行動してください
・移動時はプラカードを下げてください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください

[参考]
差別・排外主義デモの呼び掛け
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=340

Placard_FrontPlacard_Back_2Flier_B_Front